タグ:観光 ( 44 ) タグの人気記事

まだまだなのねぇ~2011紅葉  ①

ここ数年、紅葉=耶馬溪  という流れだったのが、
今年は、国東半島の文殊仙寺というお寺が
12年に1度の「御本尊御開帳」ということで、
文殊の知恵にあやかろうと行って参りました。

国東市は大分県の北東に ポコっと飛び出たところで
昔から 六郷満山いわれる寺院が密集した地域です。

そもそも、大分県出身ですが、国東半島にあまり足を踏み入れた
ことがありません。
なので、とりあえず紅葉目的ということで出発!

と言った先から、、、

 富来神社 (八坂神社)

一度は通り過ぎたものの、Uターンしました。
年末ジャンボも発売されることですし・・・  053.gif
富来=とみく ということで、くじ運が上がるようお参りしました。
a0189947_23281337.jpg


神社は、田んぼの中にあります。
境内には 「宝くじに当たる為の作法」 的なものが10項目あり、
そこで既にドロップアウト。

しかも、買った宝くじを持ってこないといけないらしく。。。また今度来ま~す。

富来神社 (八坂神社)
国東市国東町安国寺1639-2
0978-72-2677



さてさて、目的地は くねくね山道を登って 「大丈夫?」と
思っていたら、たどり着きました。

 天台宗峨眉山 文殊仙寺

国東半島の中央にある文殊山の中腹にある古刹で、
「三人よれば文殊の知恵」 の発祥の地ともいわれています。

この文殊仙寺。12年に一度、ご本尊の文殊菩薩様が 
公開されているとあって、平日にもかかわらず 駐車場に車がたくさん。
みれば、熊本や福岡など遠方からの参拝者も多いようです。
a0189947_23291642.jpg


・・・階段が・・・膝も腰も悪くありませんが、なにやら不安です・・・
でも、降りてくるのは、どう見ても私より年配の方。
まぁ、とりあえずエッチラホッチラ階段をあがります。

は~。あと少しでたどり着く~と思ったら、すれ違うおじ様に
「はい!あと半分!がんばって」
・・・言わないで欲しかった・・・ 057.gif

a0189947_23285586.jpg


本殿にどうにか到着ぅ!
ここから先は、撮影禁止 なのだそうで・・・

とりあえず、拝観料をお支払し、棒状の木をもらいました。
お願い事を書いて、お寺の方に渡すと、
護摩焚きの時に、火にくべてくれるそうです。

お払いの列に加わり、手をあわせお参りをしつつ、よくわからない板で
両肩をたたかれ 071.gif  何が何だか分からないうちに
秘仏の御本尊様を拝むべく、奥へ進むと・・・

?小さい。 御本尊様、小さいではありませんか!
約30cmの金剛仏で、お坊さんは 「あまり凝視するものではありません」
とおっしゃるので、お賽銭を置き、ちゃっちゃとお参り。
・・・お賽銭のお盆に、いっ一万円・・・すごい・・・
で、御本尊様の指から5色の糸が出ていて、それをたどって行くと
本殿から、さらに階段の手すりにつながります。
その紐を触ることで、文殊菩薩様に触れることにになり、
ご利益が得られます的な・・・・・・  フムフム。

御本尊様の裏側に進むと、飲むと智恵が授かるとされる「智恵の水」が
岩の間からから湧わいています。
常に、この暗闇に待機しているであろうおじ様から、杯を受け取り
きゅぅ~っといただき、列にならって退散退散。


文章で書くと、薄っぺらな感じですが 008.gif
貴重な体験をいたしました。
12年後、来れるか微妙です。

さて、無事にお参りして、参道を下り、客殿へ
お寺のお宝を展示しているそうで、案内されました。
曼荼羅や、掛け軸、貴重な古いお面などなど・・・  
すみません、無学なもので、よくわかりませんでした。。。

a0189947_23293779.jpg

日本一の高さをほこる、宝篋印塔(ほうきょういんとう) といわれる 仏塔。
そして、眼下には周防灘。 すばらしい景色です。
苦労して上ってきた甲斐があったというものです。056.gif

a0189947_2330348.jpg

客殿で、お坊様が、「鐘楼がすばらしい!」と絶賛するので
少し脇に反れ見学。

境内の林には、樹齢約1,000年のケヤキや樹齢約400年のスギをはじめ
たくさんの巨木が自生しています。
文殊仙寺の自然林は、大分県の天然記念物に指定され
21世紀に残したい日本の自然100選にも選ばれているそうです。

a0189947_2330244.jpg


なんて、言ってるのはここまでで、
「これマジで参道?」ってな山道を、下山。
小石がゴロゴロしてるし、小さな沢みたいなものまである。
どうみても、獣道じゃぁ~ん!

と思った矢先に、シリモチをつきました。。。あぁ、悲し。


天台宗峨眉山 文殊仙寺
国東市国東町大恩寺2432
0978-74-1400
[PR]
by cobalt2629 | 2011-12-03 23:24 | *国東市

九州の右端から左端へ   ④

・・・寝すぎましたぁ・・・頭がぼんやりですぅ 025.gif

寝起きにお風呂ぉ!
「水族館大浴場 龍宮」
a0189947_17394898.jpg

(平戸海上ホテルHPより拝借)
水槽ですぅ。しかも、回遊水槽です。
見てるのか、見られてるのか・・・とりあえず、ウミガメ3匹見たので良かったです。

朝食は、バイキングですが、これまた海の幸満載で、
昨日、あれだけ食べたのに、またしても、タラフクいただきました。


 平戸ザビエル記念教会

昨日、お寺の上にちょこっとだけ見えていた教会です。
長崎県は「カクレキリシタン」が多かった地でもあります。
立地的に、複雑なので隠れるには適した土地だったのかもしれません。
a0189947_21355581.jpg

教会内部は、当然日々礼拝で使われていますから
入り口までしか入れません。  (ホントは撮影もNGだったのかも・・・)

ヒンヤリして、とても異空間な感じがしました。
a0189947_21361153.jpg



平戸ザビエル記念教会
長崎県平戸市鏡川町269
0950-22-4111
AM9:00~PM7:00




 西高野山 最教寺

平戸の街から、赤い塔が見えてまして、
あれは行って見なくてはいけないなぁと、立ち寄ったら
こんな大きな 涅槃像 に会いました。
a0189947_21365173.jpg

「自分の悪い所と同じ部分を撫でると良くなるよぉ~」
と言われ、子供の頃は頭を触っていましたが
最近は、腰をさすってしまう。。。かなしぃ。。。

a0189947_21371026.jpg

苔むした参道の脇には、たくさんの石仏があります。
とても静かなところです。
a0189947_21374839.jpg

「根本大塔」という 国内最大規模の三重の塔です。
中は、地下1階から地上3階まであります。

とても、興味深いのは、地下1階の 「胎蔵界巡り」 です。 お寺さんの説明では
 「私たちが生まれる前の暗黒の世界で、かすかな御仏の光によって
  衆生救済の可能性を示す。」
ということなのだそうですが・・・
マジ真っ暗! 階段部分だけ 感知式のライトはあるのですが
そこ以外は、何が何だかさっぱりわかりません。
なので、壁に手を付けて進んでいかなければなりません。

でも、最後に光が見えた時の安心感は。。。御仏のおかげです。。。

a0189947_2138851.jpg



西高野山 最教寺
長崎県平戸市岩の上町1206-1
0950-22-2669
AM8:30~PM5:00
拝観料   大人400円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-14 21:35 | *201111長崎(平戸)

九州の右端から左端へ   ②

オランダ商館の周りには、現在でも当時を思わせる史跡が残っています。

 オランダ井戸

商館跡地に石枠の井戸があり、飲料用とそれ以外のモノと大小
2つの石枠を組み合わせてできているそうです。

深さは8mありますが、海のすぐそばであるにも関わらず
海水の浸入は一切ないそうです。045.gif
a0189947_21242173.jpg



 オランダ塀

商館の敷地と町屋を隔てる塀で、防犯の目的で作られたそうです。
当時のままだそうで、砂岩を積み上げて漆喰で塗り固める方法で作られています。
a0189947_21245929.jpg



お腹が空いたなぁと思いながらも、午後3時。 
お昼ごはんには遅いし、今食べると夕ご飯が食べれないぃ~
と、フラフラ観光続行。 070.gif


 松浦史料博物館

オランダ商館設置期間の藩主邸跡にある博物館です。
石垣などは当時のままで、現在の建物は 「鶴ヶ峰邸」 といい、
明治26年に建てられたものだそうです。

a0189947_21252519.jpg


お腹がすいたぁぁぁ! 063.gif
敷地内にある「眺望亭」でシフォンケーキいただきますぅ
a0189947_21263910.jpg

コーヒーとともに、17世紀のクッキーを再現した 
「カネールクウク」というお菓子もいただきました。(写真右上)

a0189947_21254716.jpg

史料館というより、お屋敷に招かれたようです。
主な展示品のうち、貿易に関する史料は、「平戸オランダ商館」 へ移設された為、
こちらには、松浦藩が所有していた調度品等を見ることができます。

a0189947_2126653.jpg


江戸時代初期の幕府御用絵師 狩野探幽 の「狂い獅子屏風」
狩野派 狩野永徳の孫にあたる人で、平戸藩とのつながりが深かったそうです。

他にも、松浦藩の先駆け、松浦党の活動時代の史料や
江戸時代の大名家の調度品など、多くのものを見学することができます。

面白いのが、鎧試着体験というものがあり、
実物と同じように作られた鎧を着て記念写真を撮ることができます。
もちろん、撮りましたよぉ~! 結構おもしろいです。 003.gif


敷地内にある、茶室閑雲亭。
茶道鎮信流という流派をつくるほど、茶道に親しんだ松浦藩。
a0189947_21262425.jpg

有料ですが、お抹茶をいただくこともでします。 


松浦史料博物館
長崎県平戸市鏡川町12
0950-22-2236
開館時間    AM8:00~PM5:30
入館料      500円



 寺院と教会の見える風景
a0189947_212767.jpg

平戸を紹介する、紙媒体やテレビ番組などに必ず出てくる風景です。
寺院に重なるように、天主堂の尖塔が見える場所、
なんとも不思議な感じがする風景です。

この辺りには、石畳の階段や坂道があり、「古都平戸」を感じさせる
静かな散歩道が続いています。 056.gif
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-12 21:23 | *201111長崎(平戸)

九州の右端から左端へ   ①

何かと、フライング的なところがあるうちの母。
TVの情報を鵜呑みにし、訪ねたところがまだ未完成ってなことがよくあります。

そんな母が、そろそろ行っても大丈夫でしょう?と言い出した平戸への旅。
寒くなる前に行こうということになりまして、ついでに 「クエ」 の季節到来!
コラーゲン摂取!と、目的がいろいろ発生する、よくばりな旅へ


 道の駅 原鶴

大分ICから通勤割引で行けるギリギリのICが “杷木”。
ここが最寄の道の駅へ寄り道。

杷木は筑後川水系にあり、福岡県内では果物の産地で有名です。
で、今が旬の “柿” が ところ狭しと売られています。
a0189947_21161940.jpg

自宅用はもちろん、贈答用の高級品まで、いろんな柿がぁ~056.gif

とりあえず、先が長いのでとっとと買い物を済ませ
再び高速道路を走ります


 金立サービスエリア
佐賀・長崎方面に行くときは、必ずトイレ休憩に寄ります。
ここは、練り物の種類が豊富で、いつも楽しみにしています。

で、今日は “めいたいこ天” にしてみました。
ピリっと辛くておいしいですぅ~!
a0189947_21163131.jpg


で、とりあえずまだまだ先が長いので、また高速を走ります。
ガっ、高速道路を走っているのに、カーナビに道がない・・・いつ完成したんだよぉ~071.gif

あいにくの曇り空ですが、無事到着しました。

 平戸城

最初に建てたのは 松浦 鎮信(まつらしげのぶ)。
立地的に、3方向を海で囲まれた、天然の要塞です。
なので、天守閣からの眺めがとてもすばらしいぃ~!

a0189947_21171416.jpg


結構、いろんなお城を見ましたが、ここも遠くからはお城の
姿が見えるのに、いざお城に登ろうと思うと
門からは一切見えません。

これは、敵が攻めて来た時の為に、わざと複雑にするんだそうです。

a0189947_2117044.jpg



平戸のシンボル、平戸大橋も見えます。
ああぁ~、、、さっき渡ったなぁ。
この橋を見ると、平戸が 「島」 であることを認識します。

a0189947_21173373.jpg


「黒子島」。
国の天然記念物として登録されている、原生林の島だそうで、
一般の人の立ち入りが制限されるほどです。

a0189947_21174675.jpg


地元の大分県佐伯市には 「佐伯の殿様 浦でもつ」 という言葉があります。
これは、海産資源が豊富なことで、藩の財政が潤っていることを示します。
平戸の松浦藩も同様、海の幸で栄えた藩のひとつです。


平戸城
長崎県平戸市岩の上町1473
0950-22-2201
開館時間    AM8:30~PM5:30
入館料      500円




で、次なる目的地も松浦藩を支えたものかもしれません。

a0189947_21182842.jpg



 平戸オランダ商館

1550年にポルトガル船が平戸へ初めて来航します。
その後、貿易拠点が長崎の出島に移るまでの 約90年間
平戸は 「西の都フィランド」 とヨーロッパでいわれていたそうです。

この石造倉庫は1639年に築造されますが、
江戸幕府により、西暦年号を建物にしようしていることを理由に
破壊を余儀なくされました。
以来、当時最大の貿易拠点が今年、370年余り経って 再建されました。

a0189947_21185734.jpg


館内には、貿易品や航海図、帆船の模型や装飾品など
たくさんの所蔵品がありますが、如何せん、できたばかりの資料館なので
人が多くて見れたもんじゃない・・・

しかも、写真撮影 × だろうと思っていたら、フラッシュ撮影のみ禁止だそうで。。。


a0189947_21191258.jpg


3Fの窓の上に付いてるものは、荷物を2Fに運び込む為の滑車が収納されています。

この商館、建築物的にも当時の作り方を再現しているそうで、
建物中央に約50cm四方の柱が、1Fに11本並び、2Fには10本並んでいます。
これは、オランダ様式をとりいれた建築方法だそうです。

50cm四方の柱は、巨大な木材から作られていて、
樹齢700年相当のものを使用しているそうです。

ゆっくり見たかったのですが、叶わず。
また来るにしては、遠すぎて・・・来れるかなぁ・・・


平戸オランダ商館
長崎県平戸市大久保町2477
0950-26-0636
開館時間    AM8:30 ~ PM5:30
入館料     300円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-10 21:05 | *201111長崎(平戸)

台湾one ⑤

台湾最終日ぃ~。あいにくの雨ですぅ 057.gif
が、午前中が唯一フリーなので、訪台した際は必ず行く!と決めていた

◆ 微熱山丘  (Sunnyhills ウェイルーサンチョウ)

パイナップルケーキのみを販売しているお店です。

a0189947_2112175.jpg

(台北ナビより拝借)

お店は、街中の大通りから1本入った路地にありました。
タクシーからおろされたのは、なんの変哲もないところで、
お店に入って 「パイナップルケーキ セール?」・・・なんとも恥ずかしい・・・

お店、改装中だったらしく、ちょっとほっとしました。売ってくれるようです。

a0189947_2113329.jpg

(台北ナビより拝借)

「シショクアリマス。スワテクダサイ」
はぁ~。。。うれしいやら、はずかしいやら。
しかも、ホテルで朝ごはんをたらふくいただいたもんだから
試食をテイクアウト。   

a0189947_2115095.jpg

(台北ナビより拝借)

台湾のお土産の代名詞、パイナップルケーキですが、
冬瓜にパイナップルジュースを練りこんだジャム餡が普通のところ
このお店は、100%パイナップルを使用しているとのこと。期待大です 056.gif

お茶をいただいて、無事にケーキも買えました。
目的を達成して、残り時間、約2時間。
見知らぬ国で時間をつぶす術がなく、とりあえずタクシーの運転手さんに
「お願いします」と連れていってもらったのが


◆ 台北101
台北101は、東アジア1の高さをほこるびるです。
中華圏らしく、8層おきに節があり、それが全部で8節あります。
中は、展望フロアはもちろん、ショッピングモールやオフィスなど
ありとあらゆるものが入っています。

展望フロアへは、予約がないと行けないらしく、お土産探しにエレベーター乗り場へ
行ってみると、、、大陸人ばっかり 050.gif やっぱ うるさい

a0189947_2133344.jpg

(台北ナビより拝借)

ショッピングフロアを散策しながら、購買意欲を掻き立てる品物を物色。。。

結局、スーパーマーケットでお菓子を数点。何とも情けないお買い物となりました。

                   ● ● ● ● ● ● ● ● 

ホテルに戻る頃には、雨が激しくなりましたが、あとは帰国するだけ。
おばさま方と再度集合し、1時間かけて 桃園国際空港へ
a0189947_2135337.jpg


飛行機の時間まで約2時間。
とりあえず、免税店などブラブラするのにも飽きて、搭乗ゲートでまったり

そういえば、パイナップルケーキがカバンの中に。。。
お土産店で食べた試食に比べると、圧倒的においしぃ~!
友達が、ご一緒したおば様に、「どうぞ~」と渡していたので
半分こしたら、、、 「あげなきゃよかった!」 爆弾発言
おば様方も、たいそうおいしかったらしく
「どこで買ったの?」 「教えてくれればいいのにぃ」 と大騒ぎ。。。知らんし。。。

次回訪台したら、必ず行きたいから場所を教えてくれ!・・・といわれても・・・
ケーキを食べる時に 敷き紙にしてしまった HPをプリントアウトした紙を
お渡ししました。 油まみれですみません。

                   ● ● ● ● ● ● ● ●


東日本大震災発生後、いち早く募金活動を始めてくれた台湾へ、恩返しのつもりで行きました。
初めて訪台して感じたのは、昔の日本っぽい感じってのもありますが
やっぱり、中国との複雑な関係を身にしみて感じます。
同じ漢民族でありながら、台湾の方は 中国本土の人を “大陸人”と言います。
台湾は現在 国連に加盟していません。 
世界の中で 台湾を 国 として認めている国が圧倒的に少ないからです。
オリンピックなどでの 台湾は 「チャイニーズ タイペイ」。
私は、今回初めて訪台しましたが、ガイドさんとの話の中で、
「台湾人」としての identity を強く感じました。
多分、台湾の方々全員がこの誇りを持って日々を過ごしてるのかと思うと
早く 一国家として樹立できることを願わずにはいられません。
一個人としての意見ですが。。。

[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-01 20:57 | *201110台北

台湾one  ② 

◆ 中正記念堂

台湾に来たら、必ず訪れる観光スポットで、
台湾(中華民国)の初代総統、蒋介石の功績を称える建物です。

a0189947_21205342.jpg


建物も巨大ですが、中にある「蒋介石」の坐像も、むちゃくちゃ巨大です。
坐像を撮らないで、天井を撮っちゃうってのも・・・どうなの?
a0189947_21213533.jpg


敷地は、25万平米あり、コンサートホールや、オペラやミュージカルが行われる
劇場があります。
「浜崎あゆみ」のコンサートもここであります~なんて、どうでも良い情報を
ガイドさんにしてもらいつつ。。。

知らず知らずに下ってしまったこの階段。
89段あるそうで、蒋介石の享年と同じ数なのだそうですって、
これもあまりすごい情報ではなく・・・
a0189947_2122233.jpg


夕食に行く前に、一度ホテルへ

 圓山大飯店

中国建築が目をひく、誰もが1度は写真で見たことがあるホテル。
開業当初は、中華民国一のホテルということから
外国語のサービスを一切行っていなかったという、高飛車(?)なホテルですが
今は、日本語バリバリ通じます001.gif

建物は、古いし、部屋も古さはありますが
さすが、台湾一を誇るだけあって、ロビーは圧巻です005.gif
a0189947_21222869.jpg


夕ご飯は「梅子」という日本人ちっくな名前の店でしたが
如何せん、修学旅行生(多分200人以上いたと思う)に囲まれ
食べた心地が全くしない。
お店の外に出ると、ごらんの渋滞。何が起こってるんだと思いきや
普通なのだそうです。  イヤだわ、田舎モノで008.gif

a0189947_2123019.jpg


夕食後は師大夜市へ
車窓から見てしまった・・・原付の大群。
台湾では、2人乗りはあたり前。子供を含めて、3人4人と
まるで曲芸のような原付乗りの方々がいらっしゃるそうで・・・恐ろしい071.gif
a0189947_21232348.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-24 21:19 | *201110台北

台湾one  ①

秋になるのを待って、念願の台湾へ

朝5:00。夜も明けきらぬうちに自宅を出発!
優しい同僚が迎えに来てくれました。

a0189947_2110441.jpg


そもそも、地元大分空港から出発できるのは国内主要空港及びソウルのみ。
それ以外の場所に行こうと思うと、福岡空港までいかなくてはなりません。

なので、朝 5:40 福岡空港行きの高速バスにて、一路福岡空港へ

a0189947_21124352.jpg


空港での待ち時間、約2時間。これが結構退屈で・・・
飛行機に乗ってしまえばあとは寝るだけ・・・
と、思っていたら、テレビついてるしぃ~!
ここ数年、2時間以上飛行機に乗ることがなかったので、
初めてお目にかかりました。うれすぃ~!

台湾到着ぅ!
お天気は、雲の厚い曇り025.gif
総勢、11人の団体様です。
アタシら以外は、みんなおば様(もちろん、世間様では、私もおば様)

 龍山寺

境内が既にモクモクしてます!線香臭がすごいです。
台湾の人の、信仰心に圧倒されます。
だって、老若男女 お線香持って、ひざまずいて祈ります。
a0189947_21171984.jpg


みなさんが祈ってるのを横目に見ながら、にわか参拝者は
かっこだけ、線香持ってお祈りしますぅ。 絶対、ご利益ないなぁ。
a0189947_2118144.jpg


しかし、長崎もそうですが、中国式のお寺は、ムチャクチャ派手です。
逆光で見にくいですが、ウニャウニャ装飾されているのを見るだけで
とっても、楽しいです058.gif

a0189947_21184632.jpg


 総統府
元々、日本の占領治下に建設された建物で、当時は「総督府」と呼ばれていたそうです。
今回は車窓からしか見れませんでしたが、平日の午前中は無料で見学
できるそうです。
次回はゆっくり見学したいなぁ~。

a0189947_21191323.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-23 20:59 | *201110台北

会社の旅行。。。

長く勤めていますが、会社の報奨旅行に同行させていただいのは初めてで、
とても恐縮しつつ、「タダ旅行」 おおいに楽しもうと思いまして・・・

勤務先の本社に集合だったのですが、どうも 057.gif っぽい。
なにやら 雨男 がいるらしく、不安ですぅ。

高速道路をひた走り、ついた先は

 田主丸ワイナリー

会社の報奨旅行だけに、あまりお金のかからないところへ行くのね・・・

田主丸は福岡県久留米市に位置します。
久留米といえば、工業都市のイメージが強いですが、
田主丸は、筑後川と耳納連山を有する、肥沃な土地のおかげで
果物の産地として有名なところです。

ワイナリーというくらいですから、当然ブドウの産地で
特に、巨峰は古くから田主丸で作られ、観光農園もたくさんあります。

a0189947_8102238.jpg


ワイン貯蔵庫の入り口です。
すご~く、コケむした感がしませんか?


中に入る前から、アルコール臭が漂い・・・
と思っていたら、我がチームの飲んだくれが近くにいました。ガックリ。

当然貯蔵庫の中も、ワインの良い香りがします。
1973年もの?だったかなぁ、とにかくとても古いワインが
たくさん隠され、もとい、貯蔵されていました。 さて、1本いくらするんだか
a0189947_8111293.jpg


貯蔵庫の見学もそこそこに、みなさん、試飲コーナーへ
ひぇ~~~っ、飲めませんから、結構ですぅ。

で、発見したこの看板!

a0189947_8103498.jpg

さっそくいただきます!
a0189947_8104484.jpg

濃厚なブルーベリーソースがたっぷり・・・ではありませんが、
ホントに濃かったので、十分です。

a0189947_8113022.jpg


「ワインの森」と謳っているだけに、深い森の中にある静かなワイナリーです。

がっっ、散々試飲を飲み散らかし、何も買わずに去っていく人たち
とは、一緒に来たくなかった。。。トホホ025.gif


田主丸ワインの森
福岡県久留米市田主丸町益生田246-1
0943-72-2382


目的地は 嬉野温泉なのですが、
途中、お昼を食べ、 さらに高速にのり、 「佐賀城本丸歴史館」 を 見学し

着いた先が、嬉野温泉

 萬象閣 敷島

嬉野温泉の中では、高級なホテルなのだそうで、確かに
ウェルカムスイーツなる、上品なプリンが、登場!しました。
a0189947_8121926.jpg

上から、抹茶ソース・カスタードプリン・黒蜜ソースの3層仕立て。
下からゴッソリ混ぜてからいただきます。

ん~美味しゅうございます。


大宴会(?)まで、時間があるので、ちょっと散歩に

◆豊玉姫神社
a0189947_8123538.jpg

竜宮城の乙姫さまの遣いといわれる豊玉姫が 嬉野を訪れた際に、
傷ついていた大きななまずに遭遇し、湧き出る湯を掛けて あげたところ、
見違えるように肌が白くツルツルになったという言い伝えがあるそうで・・・

はぁ~触りました触りました。とぅるっとぅるですぅ~!
しかし、なぜナマズだったんでしょう?淡水魚ならコイでもいいじゃない。。。

◆シーボルトの足湯
a0189947_8125088.jpg

シーボルトが江戸参府の途中、嬉野温泉の藩営浴場に立ち寄ったことが名の由来の 足湯。
24時間、誰でも無料で入れます。 が、残念ながら見学のみで宿へ戻りました。

だって。。。
大宴会が始まるんですものおぉ~~~!

a0189947_813433.jpg


a0189947_8131693.jpg

おいしくいただいたのは最初だけ、あとは飲めや歌えやで
訳わかんなぁ~~~い   071.gif

すみません。情けなく夜は更けていったのでありました。

嬉野温泉【萬象閣 敷島】
〒843-0304 佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲114-1
TEL:0954-43-3135 FAX:0954-42-1326
[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-07 20:13 | *201110福岡(田主丸)

あぁ麗しの東京国立科学博物館 ①

今年の1月に、初めて 「東京国立科学博物館」 に行って以来、
この博物館の虜になってしまいました。

で、この度は なっなんと! 「恐竜博
行かずにはいられなぁ~いい 053.gif
a0189947_23364586.jpg


カマラサウルス
a0189947_23363142.jpg

ジュラ紀の代表的な草食恐竜。
よくある、水辺にいる首としっぽが長い、大きな恐竜(ブラキオサウルス)の仲間です。

アロサウルス
a0189947_23365816.jpg

ジュラ紀の肉食恐竜です。
T-rex の仲間ですが、比較すると前足(手)が大きいように思います。

始祖鳥
a0189947_23371145.jpg

最古の鳥類です。

会場では 「アンキオルニス」という羽毛恐竜で (恐竜と鳥類の中間)
最近になって、羽毛の色が分かるようになったらしく、
恐竜博でも、きれいな羽のイラストが描かれていました。

 ハプロケイルス
a0189947_23372623.jpg

鳥類が恐竜から進化したことを示す恐竜です。
羽が前足(手)になっているイラストが、とても印象的です。
中国内陸部新彊ウイグル自治区で発見され、今回日本初公開です、感動ぉ 072.gif


トリケラトプス
a0189947_23374395.jpg

ご存知、白亜紀を代表する草食恐竜です。
恐竜に全く興味がない人でも知ってると思います。
色は、グリーンで表されますが、ホントにそんな色だったのかは???

あたまの周りにある襟巻き(フリル)は、他の恐竜に対する威嚇用や、
首を守る為の防御用など諸説あるようです。
a0189947_2338279.jpg

トリケラトプスの名前の由来は 「3本の角を持つ顔」 なのだそうです。

ティラノサウルス

a0189947_23382121.jpg

王様です、王様。
何はともあれかっこいい 038.gif

が、実は驚くべきは、ティラノサウルスの頭には 毛 が生えていた
らしいのですが・・・画像で見ると何とも、モヒカンのような・・・ 微妙にかっこ悪い

a0189947_23385229.jpg

白亜紀最強対決!
ティラノサウルスは待ち伏せの体勢なのだそうです。。。
この姿勢から立ち上がるのに、役立つのが小さな前脚なのだそうで・・・
まさに、「よっこらしょっ」 状態なのではないでしょうか???

ニジェールサウルス

a0189947_23391153.jpg

骨格からわかるように、ちょっと変な顔です。
草食恐竜なんですが、草を食むというよりは、高い木の葉を根こそぎ食べちゃう
ような、まるで芝刈り機のようだったそうです。

で、当然、歯も特殊ですごい勢いで抜け替わるので、
予備の歯も含めると、500本もはえていたそうです。。。すごっ


しかし、人多すぎ!
しかも、なかなか移動してくれないので、展示品までたどり着けづ。。。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-21 23:34 | *201109東京

夏の終わりの避暑 ⑧

南阿蘇の町ともお別れです。
途中、高原トマトを売るお店に立ち寄りました。
ヤギがたくさんいて、癒されました。 

a0189947_23253179.jpg


阿蘇山に上ると、カルデラの地形がよくわかります。
カルデラは、大きな火山が噴火し、山の中にあるいろんなものを
噴出したあげく、山中腹より上が陥没し、その窪地の真ん中に
当初あった山の頂上がある状態だと思っていただければわかると思います。

a0189947_23255320.jpg


外輪山の北側には植林された杉の林がありますが
それ以外は、体積した火山灰の影響で、ススキなどの植物しか自生していません。
この草原は牛や馬の放牧や野焼きにより保たれています。

a0189947_2326866.jpg


世界中、いろんなカルデラがありますが、
カルデラの内側に農地を作り、人が定住し、なおかつ
国道や鉄道まで作られているのは、阿蘇地域だけなのだそうです。
言われてみれば、火山の中に住んでるのと同じですからねぇ。。。027.gif
a0189947_232623100.jpg


しかし、暑い!
雲は高いところにあり、秋っぽいのですが、気温は上昇中です058.gif
a0189947_23264139.jpg


あまりにも有名な 「草千里ケ浜」
元々は、火口だったところで、直径約1kmの草原です。
春から秋にかけて、乗馬が楽しめ、冬には右側の池に氷がはり
スケートを楽しむことができます。
a0189947_23273271.jpg


今年の夏は、昨年以上に暑かった気がします。
震災の影響で、阿蘇周辺の観光客も、国内外問わず、随分少なくなったそうです。
これから、秋になり紅葉の季節になりますが
ボチボチ人が増えてくるといいなあ・・・

経済底上げ!
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-20 23:24 | *201109熊本(阿蘇)