タグ:自然 ( 15 ) タグの人気記事

まだまだなのねぇ~2011紅葉  ①

ここ数年、紅葉=耶馬溪  という流れだったのが、
今年は、国東半島の文殊仙寺というお寺が
12年に1度の「御本尊御開帳」ということで、
文殊の知恵にあやかろうと行って参りました。

国東市は大分県の北東に ポコっと飛び出たところで
昔から 六郷満山いわれる寺院が密集した地域です。

そもそも、大分県出身ですが、国東半島にあまり足を踏み入れた
ことがありません。
なので、とりあえず紅葉目的ということで出発!

と言った先から、、、

 富来神社 (八坂神社)

一度は通り過ぎたものの、Uターンしました。
年末ジャンボも発売されることですし・・・  053.gif
富来=とみく ということで、くじ運が上がるようお参りしました。
a0189947_23281337.jpg


神社は、田んぼの中にあります。
境内には 「宝くじに当たる為の作法」 的なものが10項目あり、
そこで既にドロップアウト。

しかも、買った宝くじを持ってこないといけないらしく。。。また今度来ま~す。

富来神社 (八坂神社)
国東市国東町安国寺1639-2
0978-72-2677



さてさて、目的地は くねくね山道を登って 「大丈夫?」と
思っていたら、たどり着きました。

 天台宗峨眉山 文殊仙寺

国東半島の中央にある文殊山の中腹にある古刹で、
「三人よれば文殊の知恵」 の発祥の地ともいわれています。

この文殊仙寺。12年に一度、ご本尊の文殊菩薩様が 
公開されているとあって、平日にもかかわらず 駐車場に車がたくさん。
みれば、熊本や福岡など遠方からの参拝者も多いようです。
a0189947_23291642.jpg


・・・階段が・・・膝も腰も悪くありませんが、なにやら不安です・・・
でも、降りてくるのは、どう見ても私より年配の方。
まぁ、とりあえずエッチラホッチラ階段をあがります。

は~。あと少しでたどり着く~と思ったら、すれ違うおじ様に
「はい!あと半分!がんばって」
・・・言わないで欲しかった・・・ 057.gif

a0189947_23285586.jpg


本殿にどうにか到着ぅ!
ここから先は、撮影禁止 なのだそうで・・・

とりあえず、拝観料をお支払し、棒状の木をもらいました。
お願い事を書いて、お寺の方に渡すと、
護摩焚きの時に、火にくべてくれるそうです。

お払いの列に加わり、手をあわせお参りをしつつ、よくわからない板で
両肩をたたかれ 071.gif  何が何だか分からないうちに
秘仏の御本尊様を拝むべく、奥へ進むと・・・

?小さい。 御本尊様、小さいではありませんか!
約30cmの金剛仏で、お坊さんは 「あまり凝視するものではありません」
とおっしゃるので、お賽銭を置き、ちゃっちゃとお参り。
・・・お賽銭のお盆に、いっ一万円・・・すごい・・・
で、御本尊様の指から5色の糸が出ていて、それをたどって行くと
本殿から、さらに階段の手すりにつながります。
その紐を触ることで、文殊菩薩様に触れることにになり、
ご利益が得られます的な・・・・・・  フムフム。

御本尊様の裏側に進むと、飲むと智恵が授かるとされる「智恵の水」が
岩の間からから湧わいています。
常に、この暗闇に待機しているであろうおじ様から、杯を受け取り
きゅぅ~っといただき、列にならって退散退散。


文章で書くと、薄っぺらな感じですが 008.gif
貴重な体験をいたしました。
12年後、来れるか微妙です。

さて、無事にお参りして、参道を下り、客殿へ
お寺のお宝を展示しているそうで、案内されました。
曼荼羅や、掛け軸、貴重な古いお面などなど・・・  
すみません、無学なもので、よくわかりませんでした。。。

a0189947_23293779.jpg

日本一の高さをほこる、宝篋印塔(ほうきょういんとう) といわれる 仏塔。
そして、眼下には周防灘。 すばらしい景色です。
苦労して上ってきた甲斐があったというものです。056.gif

a0189947_2330348.jpg

客殿で、お坊様が、「鐘楼がすばらしい!」と絶賛するので
少し脇に反れ見学。

境内の林には、樹齢約1,000年のケヤキや樹齢約400年のスギをはじめ
たくさんの巨木が自生しています。
文殊仙寺の自然林は、大分県の天然記念物に指定され
21世紀に残したい日本の自然100選にも選ばれているそうです。

a0189947_2330244.jpg


なんて、言ってるのはここまでで、
「これマジで参道?」ってな山道を、下山。
小石がゴロゴロしてるし、小さな沢みたいなものまである。
どうみても、獣道じゃぁ~ん!

と思った矢先に、シリモチをつきました。。。あぁ、悲し。


天台宗峨眉山 文殊仙寺
国東市国東町大恩寺2432
0978-74-1400
[PR]
by cobalt2629 | 2011-12-03 23:24 | *国東市

夏の終わりの避暑 ⑧

南阿蘇の町ともお別れです。
途中、高原トマトを売るお店に立ち寄りました。
ヤギがたくさんいて、癒されました。 

a0189947_23253179.jpg


阿蘇山に上ると、カルデラの地形がよくわかります。
カルデラは、大きな火山が噴火し、山の中にあるいろんなものを
噴出したあげく、山中腹より上が陥没し、その窪地の真ん中に
当初あった山の頂上がある状態だと思っていただければわかると思います。

a0189947_23255320.jpg


外輪山の北側には植林された杉の林がありますが
それ以外は、体積した火山灰の影響で、ススキなどの植物しか自生していません。
この草原は牛や馬の放牧や野焼きにより保たれています。

a0189947_2326866.jpg


世界中、いろんなカルデラがありますが、
カルデラの内側に農地を作り、人が定住し、なおかつ
国道や鉄道まで作られているのは、阿蘇地域だけなのだそうです。
言われてみれば、火山の中に住んでるのと同じですからねぇ。。。027.gif
a0189947_232623100.jpg


しかし、暑い!
雲は高いところにあり、秋っぽいのですが、気温は上昇中です058.gif
a0189947_23264139.jpg


あまりにも有名な 「草千里ケ浜」
元々は、火口だったところで、直径約1kmの草原です。
春から秋にかけて、乗馬が楽しめ、冬には右側の池に氷がはり
スケートを楽しむことができます。
a0189947_23273271.jpg


今年の夏は、昨年以上に暑かった気がします。
震災の影響で、阿蘇周辺の観光客も、国内外問わず、随分少なくなったそうです。
これから、秋になり紅葉の季節になりますが
ボチボチ人が増えてくるといいなあ・・・

経済底上げ!
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-20 23:24 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ⑦

南阿蘇村は、カルデラ地形の中に位置する為、
外輪山に降った雨が、湧き水となって、村のいたるところから
湧き出てきます。

中でも一番有名なのが

 白川水源

a0189947_23223925.jpg

随分前からテレビなどの影響で、観光地化されています。
最近では、中国や韓国からのツアーにも含まれているらしく、
様々な言語の案内板があります。

a0189947_2323352.jpg

環境保全費として 100円払うと、飲み放題、汲み放題みたいです。
周りのお土産屋さんで、大小ペットボトルを販売しているので、手ぶらでも
大丈夫です。

a0189947_23232351.jpg

1分間に60トンもの水が地底の砂とともに、勢いよく湧き上がります。
沸騰したお湯さながら、ここまでボコボコ湧き出てるのを見るのは初めてです。

a0189947_23234926.jpg

水辺に来ると何となく足を入れずにはいられない性質なのですが、
ここはガマンガマン071.gif  さすがにヒンシュクです。

a0189947_23241038.jpg

平日の午前中なのに、観光客がたくさんです。
最近は、パワースポットとしても有名なのだそうです。

阿蘇山やその周辺の大地に降った雨が、約50年の時間をかけて
地上に湧き出ていることを考えると、パワースポットといわれるのが
分かるような気がします。


白川水源
熊本県南阿蘇村白川
0967-62-0318
AM8:00~PM6:00
環境保全費   100円
駐車場は近隣にたくさんあります。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-19 23:21 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ⑥

朝ごはんをガッツリいただき、朝風呂もしっかりいただき
チェックアウトしました。

2日目も、阿蘇の自然を満喫すべく、

 阿蘇野草園 


南阿蘇は、当然ながら阿蘇くじゅう国立公園内に位置します。
阿蘇山、カルデラ地形、広大な草原などなど、いろんな環境の中で育つ
植物を観察することができる施設です。056.gif

a0189947_23202226.jpg


山野草といわれる植物をあまり見る機会がないので
いったい何という花なのか、さっぱりわかりません。025.gif
a0189947_23204196.jpg


この阿蘇野草園は、約5ヘクタールの敷地に湿地や雑木林、牧草地などがあり、
野鳥、昆虫などたくさんのいきものも観察することができます。

a0189947_2321384.jpg


おぉ~栗です栗。 これはわかります 058.gif

a0189947_2321239.jpg


隣接する 「南阿蘇ビジターセンター」 には、
豊かな自然の中で営まれてきた人々の歴史や、暮らしを学ぶスペースもあります。


阿蘇野草園
 
阿蘇郡高森町大字高森3219

南阿蘇ビジターセンター
0967-62-0911
AM9:00~PM5:00
休館日   水曜日
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-17 23:16 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ④

 阿蘇山 (阿蘇五岳)

多分、知らない人はいないと思う、日本を代表する活火山。
「火の国 熊本」 といわしめる、熊本No1の観光地です。

a0189947_21435325.jpg


現在噴煙を上げているのは、中岳第一火口。
幸い、水蒸気の雲がなく火口の中が、きれいに見えました。

ちょっと感動です038.gif
a0189947_21441898.jpg


中岳第一火口は、直径600メートル、深さ130メートルもあります。
この火口の底には水が溜まりマリンブルーのきれいな色をしています。
水とはいえ、超高温の熱湯なんでしょうが・・・
活発な活動期には湯溜まりは干上がるようです。

a0189947_21444379.jpg


周辺は溶岩がゴロゴロしており昔の噴火口がいくつも大きな口を開けています。
まるで月のクレーターのようです。

a0189947_2145564.jpg


こんな過酷な状況でも植物が育っています。
「イタドリ」 タデ科の植物で、確か食べられたような気がします・・・
スっぱかったような・・・

a0189947_21452692.jpg


「砂千里ケ浜」 有名な「草千里」 とは違った、人影もなく動物もいません。
実際、歩いてみると結構ズボっと埋まります。

a0189947_21454312.jpg


過去に、いろんな映画のロケ地として使われています。
確かに、こんなところ他にないですよね。

a0189947_21461522.jpg


噴火口まではロープウェイ、車、徒歩で行けます。
自動車は普通車で往復600円、ロープウェイは往復1,000円(片道 600円)、徒歩は無料です。

火口周辺には退避壕が立ち並んでいます。
これは突然に噴火した場合は、急いで避難する場所です。

結構火山性ガスは噴出しているらしく、健康に問題のある人は
火口付近に近づけないそうです。

a0189947_21464137.jpg


砂千里ケ浜の向こうに、高森町が見えます。
宮崎県との県境です。

阿蘇山の火砕流は、遠く宮崎県高千穂町や 大分県宇佐市まで流れています。
もし、今の時代に大噴火が起きたら・・・と思うと、やっぱりコワイですよね。
a0189947_2147372.jpg


しっかし、暑い!
高地なので涼しいかと思いきや、太陽に近いせいか、はたまた
活火山の上だからなのか、ジリジリしてきます。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-12 21:42 | *201109熊本(阿蘇)

怒涛の日帰り3県またぎツアー  ⑤

高千穂といえば、ここは外せないです。

 高千穂峡

阿蘇山の爆発によりできた峡谷で、国の天然記念物に指定されています。
駐車場から遊歩道にかかる橋、木々の間から 真名井の滝 が見えます。
a0189947_23131294.jpg


雨の影響で川の水が濁ってます008.gif
峡谷の壁面から、たくさんの湧き水が流れ落ちます。

a0189947_23134290.jpg


よく見るアングルの 真名井の滝
本来は、貸しボートで滝の近くまで行けますが、
増水の為、運休でした。・・・とは言っても、ボート漕げないんですが・・・

夏場は、夜間ライトアップしていて幻想的なのだそうです。
見てみたかった・・・045.gif 
a0189947_2314569.jpg


渓谷から湧き出た水は 五ヶ瀬川に流れ込み、延岡市を流れ日向灘に注ぎます。
渓谷の上にも、たくさんの橋がかかっています。
下の橋は、年季が入ってますが、大型バスも通るしっかりした橋です。
a0189947_23142622.jpg


柱状節理という、噴火による火砕流が冷え固まった、堆積物です。
長年の風雨による侵食にともなって形成されたのが、高千穂渓谷で
高さ70~80m 幅7kmにわたって続いています。
a0189947_23144363.jpg


院内町の岳切渓谷同様、阿蘇山の大噴火の影響が遠く宮崎県でも
見ることができます、ほほぉ~027.gif


高千穂峡
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井
TEL  0982-73-1213
入場料     無料
駐車場     500円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-26 23:11 | *201108熊本~宮崎

怒涛の日帰り3県またぎツアー  ④

ワタシ的にはメインイベントォ!

高千穂あまてらす鉄道

宮崎県延岡市から高千穂を結ぶ第3セクターの鉄道会社でしたが
2005年の台風被害で運行休止となり、2008年12月に全線廃止されました。

現在、鉄道公園という形で存続しています。
駅舎は見るからに当時のまま、、、中に入ると小さな待合室があり
鉄道が走っていた当時の写真などが飾られています。
a0189947_21534111.jpg


で、なぜここがメインイベントなのかと言いますと・・・こちらっ!
スーパーカートォ!(ドラえもん風)
a0189947_21564398.jpg

高千穂駅から天岩戸駅の1区間を走る、ゴーカートを改造したような乗り物です。
名づけて 「たぢから号」 というそうです。
1度に8人+運転手さんの計9人が乗れます。
以前は、トロッコと引っ張っていたそうですが、トロッコの車輪が飛んでった005.gif為、
今はこの形になってるそうです。。。

ということで、轟音とともに出発!
a0189947_21565882.jpg

リアルに線路を走ります。
当然、電車に乗ることは多々ありますが、天井も壁もない状態で
線路の上を走るのは、初体験です 072.gif
ワクワクしないはずがない!
a0189947_21571227.jpg


途中、トンネルもあります。
単線だったので、幅は狭いですが天井がとても高く、ヒンヤリします。

a0189947_21572915.jpg


トンネルを抜けると、青空と周りの山がホントにきれいで、
しかも、風がビュンビュン顔にあたるので、とても気分がいいです、
テンション上がりまくりで、必要以上に笑ったもんだから
歯が唇にくっついて大変です 041.gif

a0189947_21574757.jpg

写真を見ていただくと分かるのですが、
きれいに保存してると思いませんか?
実は、頻繁に清掃作業をしているそうで、夏の間は草刈が欠かせないそうです。

廃線になったとはいえ、やっぱり存続させたい!という気持ちが、すごく伝わってきます。
a0189947_2158631.jpg


時間にすると10分もかからないかなぁ。。。
「天岩戸駅」に到着です。   
そのまま、Uターンかと思いきや、カートから降りて良いそうです。
ホームへは、はしごを使ってあがります 037.gif
a0189947_21583755.jpg


駅から向こうは鉄橋があります。
さすがにこからはあぶないので、金網があります。
この先は、線路はあるそうですが、台風の影響で鉄橋が流されたり
線路が途絶えてる箇所がたくさんあるそうです。
a0189947_21585520.jpg

こうやって見ると、高千穂は深い山と谷に囲まれたところなのだと
改めて思いました、

しっかし気持ちいい! 夏満喫です。
また絶対来たいです、秋の紅葉の季節なんて良いかもしれません。

a0189947_21591368.jpg



高千穂あまてらす鉄道
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425-1 旧駅舎内
Tel  0982-72-3216
定休日    水曜・木曜
開園時間  10:00~16:00
入園料    環境整備費・・・・・一律 100円
スーパーカート乗車料金
         スーパーカート維持管理費・・・・・高校生以上 700円
                               小・中学生 500円
                               未就学児  300円
天候によっては運休することがあります。



※後で知ったのですが、定期的に 運転体験 をしているそうで、
事前予約が必要ですが、20歳以上で、自動車の普通免許を持っていれば
運転体験ができるそうです。
詳しくは、HPで確認してください。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-24 21:52 | *201108熊本~宮崎

怒涛の日帰り3県またぎツアー  ③

熊本県から宮崎県へ移動
本来の目的地、高千穂へ到着しました。

途中、すごい豪雨にみまわれ、はぁ~この先どうしようと
途方にくれていましたが、なぜか車から降りる頃にはやんでる 001.gif
友と、「ワタシの日ごろのおかげだわぁ」 と、互いに言い合いながら
まず、向かったのは、パワースポットとして有名な

天岩戸神社
お盆休み中なので、人が多いです。。。
a0189947_2150262.jpg


日本書記で有名な、天岩屋(洞穴)をご神体とするため
神殿がなく、拝殿のみの珍しい神社です。

神殿の奥に岩戸川が流れ、対岸に拝殿があります。
社務所で料金を払うと見学できるシステムです。 ちなみに写真NGです。
a0189947_21504331.jpg


神社から岩戸川を上流へ歩いていきます。
夏の盛り感が、木々の色でおわかりいただけるかと思います。
a0189947_2151194.jpg


雨が降ったりやんだりの天気なので、微妙に水量が多いです。
足元がぬれてて、結構キケン 008.gif
上流は、なんとなく靄がかかっていて、何とも幻想的な雰囲気です。
a0189947_21512562.jpg


天の安河原というところです。
天岩屋にこもってしまった天照大神を、どうやって岩戸から出すか
八百万の神様が相談したところです。

とはいえ、これだけ人が多いとご利益があるのかないのか???
写真もボケボケだし・・・
周辺には無数の石積みがあり、一見すると賽の河原のようで
とても神秘的なところではあります。
a0189947_2151441.jpg


川沿いを歩いて、涼しかったのですが、やっぱりそこは猛暑の雨上がり
蒸し暑いったらありゃしない 042.gif

深入り釜蒸し茶ソフトクリームいただきます。
苦い・・・驚くほど苦い・・・でも、おいしかったです。

きゅうりの浅漬け1本モノを売ってましたが、白人の外人さんが
おいしそうに食べてたのが、なんだか微笑ましかったです。
a0189947_2152459.jpg



天岩戸神社
宮崎県 西臼杵郡高千穂町大字岩戸
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-21 21:47 | *201108熊本~宮崎

The お盆 ☆久しぶりの誇り高き八幡総本宮へ

マチュピチュを後にして下界へ

雲行きがあやしいなぁとは思いつつ、多分10年以上前に来たっきりの

 八幡総本宮 宇佐神宮

宇佐神宮は全国に4万社以上ある八幡様の総本宮で、725年に創建されました。
皇室とのつながりも深く、伊勢の神宮につぐ第二の宗廟とされています。

a0189947_22284054.jpg

表参道商店街の中に、気になるお店がありまして・・・


 ねぎ屋さんのねぎ焼き
a0189947_23251180.jpg

(大分県観光情報公式サイトより拝借)

宇佐市を含む、大分県北部は 小ねぎの生産が盛んです。
出荷量 年間920t のうち、約70%は東京へ。
夏場は30日、冬場は60日と ゆっくり時間をかけて育てるので、
ビタミンやミネラルが豊富なんだそうです。 

a0189947_22285952.jpg

で、その 小ねぎ = 「味一ねぎ」 をふんだんに使った 「ねぎ焼き」をいただきました。
実は、ねぎ農家さんが営んでいる 「ねぎ焼き」 屋さんなのだそうで、
しゃっきしゃきの新鮮ねぎが、これでもかぁ~ と言わんばかりに入っています。
お好み焼きよりあっさり、ねぎの辛味は全くなく、とてもおいしくいただきました。

a0189947_13501312.jpg

(宇佐市HPより拝借)

サービスです。と出された、ねぎキムチ&ねぎ味噌 。お土産に買って帰りました。
こちらも、ご飯のともにぴったりで、あっという間に消費されちゃいました。


ねぎ屋さんのねぎ焼き
宇佐市南宇佐2222-4 (宇佐神宮仲見世通り)
080-1539-2686
11:00~17:30
不定休


お腹もいっぱいになったので、引き続き宇佐神宮を散策。
が、やっぱり雲行きがあやしい 057.gif

大鳥居を抜けると、初澤池があります。
ここにある蓮は、千葉県の2000年前の地層から出土した実を復活させた
ものだそうで、古代蓮といわれています。

a0189947_22294030.jpg

見ごろは7月~8月初旬なので、時期的には終わりに近いですが
それでも、きれいな花が楽しめます。
a0189947_22295623.jpg

池を過ぎたあたりから、頭上でゴロゴロ、ピカピカ
はぅ~、、、まずいぞぉと思いながら、それでも境内をユルユル歩きます。

樫や楠の茂る薄暗い参道を抜けて、上宮についたころには
パラパラ雨が・・・

a0189947_2230156.jpg

宇佐神宮は参拝の仕方が他とは違い 「二礼 四拍手 一拝」です。
お作法通り勅使門でお参りをした途端、
ゴォ~っとすごい勢いで雨が降り出しました 033.gif
まさにゲリラ豪雨ってのはこのことなのねぇ~ 

地面から湯気があがってますぅ 057.gif
でも、20分もしないうちに、小降りになって、あがってしまいました。
お参りした甲斐がありました。

宇佐神宮には、上宮・下宮があります。
どちらか片方しかお参りしないことを 「片参り」 というそうで、よろしくないそうです。

a0189947_22303992.jpg


なので、西大門を通り、下宮へ向かいます。
あたりは、原生林の林で陽射しもないので、何とも不気味です・・・

「もののけ姫」みたいだなぁと、しゃべりながら歩いていると。。。
またしても豪雨 057.gif

下宮にたどり着けず、雨宿り 
はぁ~ 何か罰当たりなことでもしましたかいなぁ?八幡大神様ぁ 042.gif
a0189947_22305787.jpg



宇佐神宮
宇佐市大字南宇佐2859
TEL:0978-37-0001
駐車場 普通車 400円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-14 22:24 | *宇佐市

The お盆 ☆なんちゃってペルーへ行ってみた

盆の入り。
暦の上では秋なのですが、まだまだ夏 真っ盛りです。

暑い暑いとばかり言ってはいれないので、
両親と共に、父方の田舎へ墓参りです。

 里の駅 小の岩の庄
a0189947_2220381.jpg

道の駅と同じような、地域の物産直売所です。

とにかく、品揃えがすごい。
野菜、お肉、魚、惣菜、お菓子 などなど
全てに生産者の名前があるので、安心してお買い物できます。

お盆で帰省している人や、それを迎える人などで、店内ムチャ混みです056.gif

a0189947_22205546.jpg

お盆なので、「ほおずき」がたくさん並びます。
ほぼ1束 200円! 安っ!

里の駅 小の岩の庄
宇佐市安心院町戸方7-1   
Tel 0978-34-2224
AM8:30~PM5:30



無事、お墓参りを済ませ、次なる目的地は・・・
南米ペルーの世界遺産マチュピチュ!



に行ってみたいのはヤマヤマですが、お金もお休みもないので
「宇佐のマチュピチュ」へ行ってみました。

a0189947_22211919.jpg

どうでしょう?似てます?

中央にみえる円錐型の山? その下の集落や石垣。言われてみれば確かに似てるような・・・

宇佐市院内町の西椎屋地区。
耶馬溪と同じく、紅葉の名所で秋になると、また違った姿が見れると思います。
a0189947_23154295.jpg

父の生まれた家がこの近くの集落なのですが、隣の家が多分100m くらい
離れてるような、すっごい田舎です。

子供の頃は、山の中で迷子になり、沼にはまったり、田んぼのあぜ道から転げ落ちたり、、、今では考えられないような、もしかして死んでしまってたかも・・・ってな体験も数多くしました。

a0189947_23161451.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-13 22:19 | *宇佐市