タグ:神社・仏閣 ( 14 ) タグの人気記事

2011紅葉

◆ 旅庵 「蕗の薹」 お食事処「蕗邨」

母由来のテレビ情報で、ランチはお蕎麦です。

国宝富貴寺の脇、竹林の中にある旅館内にあるお蕎麦屋さんです。

a0189947_23362766.jpg

結構有名な旅館なんだそうで、壁に色んな人のサインがありました。
「山口智子」には、ちょっと驚きました056.gif

a0189947_23364176.jpg

平日にもかかわらず、団体客が多いです。

掻き揚げ蕎麦
細めのお蕎麦で、おつゆも出汁がきいてておいしかったです。
全ての食材が豊後高田で取れたものを使っているそうです。
a0189947_23365563.jpg


蕗邨 (ろそん)
大分県豊後高田市田染蕗2365
0978-26-2668


◆ 蓮華山 富貴寺

今でこそ「国宝」ですが、以前は近所の子供の遊び場だったそうで、
今でも床下には、子供の足跡がたくさん残っているそうです。
a0189947_2337124.jpg


元は、平安後期の建立で、現在のものは、昭和23年~25年に改修されたものだそうです。
ご本尊は、阿弥陀如来坐像で、高さ85cmと、結構大きいものですが
実際は、外の光が入らないのと、最小限の照明の為、細部までは見ることができません。

境内には、両子寺と同じく、仁王像がありますが
こちらの像は、何となく愛嬌があり親しみやすい仁王様です。


富貴寺
大分県豊後高田市田染蕗
0978-26-3189
[PR]
by cobalt2629 | 2011-12-09 23:35 | 大分県

まだまだなのねぇ~2011紅葉  ①

ここ数年、紅葉=耶馬溪  という流れだったのが、
今年は、国東半島の文殊仙寺というお寺が
12年に1度の「御本尊御開帳」ということで、
文殊の知恵にあやかろうと行って参りました。

国東市は大分県の北東に ポコっと飛び出たところで
昔から 六郷満山いわれる寺院が密集した地域です。

そもそも、大分県出身ですが、国東半島にあまり足を踏み入れた
ことがありません。
なので、とりあえず紅葉目的ということで出発!

と言った先から、、、

 富来神社 (八坂神社)

一度は通り過ぎたものの、Uターンしました。
年末ジャンボも発売されることですし・・・  053.gif
富来=とみく ということで、くじ運が上がるようお参りしました。
a0189947_23281337.jpg


神社は、田んぼの中にあります。
境内には 「宝くじに当たる為の作法」 的なものが10項目あり、
そこで既にドロップアウト。

しかも、買った宝くじを持ってこないといけないらしく。。。また今度来ま~す。

富来神社 (八坂神社)
国東市国東町安国寺1639-2
0978-72-2677



さてさて、目的地は くねくね山道を登って 「大丈夫?」と
思っていたら、たどり着きました。

 天台宗峨眉山 文殊仙寺

国東半島の中央にある文殊山の中腹にある古刹で、
「三人よれば文殊の知恵」 の発祥の地ともいわれています。

この文殊仙寺。12年に一度、ご本尊の文殊菩薩様が 
公開されているとあって、平日にもかかわらず 駐車場に車がたくさん。
みれば、熊本や福岡など遠方からの参拝者も多いようです。
a0189947_23291642.jpg


・・・階段が・・・膝も腰も悪くありませんが、なにやら不安です・・・
でも、降りてくるのは、どう見ても私より年配の方。
まぁ、とりあえずエッチラホッチラ階段をあがります。

は~。あと少しでたどり着く~と思ったら、すれ違うおじ様に
「はい!あと半分!がんばって」
・・・言わないで欲しかった・・・ 057.gif

a0189947_23285586.jpg


本殿にどうにか到着ぅ!
ここから先は、撮影禁止 なのだそうで・・・

とりあえず、拝観料をお支払し、棒状の木をもらいました。
お願い事を書いて、お寺の方に渡すと、
護摩焚きの時に、火にくべてくれるそうです。

お払いの列に加わり、手をあわせお参りをしつつ、よくわからない板で
両肩をたたかれ 071.gif  何が何だか分からないうちに
秘仏の御本尊様を拝むべく、奥へ進むと・・・

?小さい。 御本尊様、小さいではありませんか!
約30cmの金剛仏で、お坊さんは 「あまり凝視するものではありません」
とおっしゃるので、お賽銭を置き、ちゃっちゃとお参り。
・・・お賽銭のお盆に、いっ一万円・・・すごい・・・
で、御本尊様の指から5色の糸が出ていて、それをたどって行くと
本殿から、さらに階段の手すりにつながります。
その紐を触ることで、文殊菩薩様に触れることにになり、
ご利益が得られます的な・・・・・・  フムフム。

御本尊様の裏側に進むと、飲むと智恵が授かるとされる「智恵の水」が
岩の間からから湧わいています。
常に、この暗闇に待機しているであろうおじ様から、杯を受け取り
きゅぅ~っといただき、列にならって退散退散。


文章で書くと、薄っぺらな感じですが 008.gif
貴重な体験をいたしました。
12年後、来れるか微妙です。

さて、無事にお参りして、参道を下り、客殿へ
お寺のお宝を展示しているそうで、案内されました。
曼荼羅や、掛け軸、貴重な古いお面などなど・・・  
すみません、無学なもので、よくわかりませんでした。。。

a0189947_23293779.jpg

日本一の高さをほこる、宝篋印塔(ほうきょういんとう) といわれる 仏塔。
そして、眼下には周防灘。 すばらしい景色です。
苦労して上ってきた甲斐があったというものです。056.gif

a0189947_2330348.jpg

客殿で、お坊様が、「鐘楼がすばらしい!」と絶賛するので
少し脇に反れ見学。

境内の林には、樹齢約1,000年のケヤキや樹齢約400年のスギをはじめ
たくさんの巨木が自生しています。
文殊仙寺の自然林は、大分県の天然記念物に指定され
21世紀に残したい日本の自然100選にも選ばれているそうです。

a0189947_2330244.jpg


なんて、言ってるのはここまでで、
「これマジで参道?」ってな山道を、下山。
小石がゴロゴロしてるし、小さな沢みたいなものまである。
どうみても、獣道じゃぁ~ん!

と思った矢先に、シリモチをつきました。。。あぁ、悲し。


天台宗峨眉山 文殊仙寺
国東市国東町大恩寺2432
0978-74-1400
[PR]
by cobalt2629 | 2011-12-03 23:24 | *国東市

九州の右端から左端へ   ④

・・・寝すぎましたぁ・・・頭がぼんやりですぅ 025.gif

寝起きにお風呂ぉ!
「水族館大浴場 龍宮」
a0189947_17394898.jpg

(平戸海上ホテルHPより拝借)
水槽ですぅ。しかも、回遊水槽です。
見てるのか、見られてるのか・・・とりあえず、ウミガメ3匹見たので良かったです。

朝食は、バイキングですが、これまた海の幸満載で、
昨日、あれだけ食べたのに、またしても、タラフクいただきました。


 平戸ザビエル記念教会

昨日、お寺の上にちょこっとだけ見えていた教会です。
長崎県は「カクレキリシタン」が多かった地でもあります。
立地的に、複雑なので隠れるには適した土地だったのかもしれません。
a0189947_21355581.jpg

教会内部は、当然日々礼拝で使われていますから
入り口までしか入れません。  (ホントは撮影もNGだったのかも・・・)

ヒンヤリして、とても異空間な感じがしました。
a0189947_21361153.jpg



平戸ザビエル記念教会
長崎県平戸市鏡川町269
0950-22-4111
AM9:00~PM7:00




 西高野山 最教寺

平戸の街から、赤い塔が見えてまして、
あれは行って見なくてはいけないなぁと、立ち寄ったら
こんな大きな 涅槃像 に会いました。
a0189947_21365173.jpg

「自分の悪い所と同じ部分を撫でると良くなるよぉ~」
と言われ、子供の頃は頭を触っていましたが
最近は、腰をさすってしまう。。。かなしぃ。。。

a0189947_21371026.jpg

苔むした参道の脇には、たくさんの石仏があります。
とても静かなところです。
a0189947_21374839.jpg

「根本大塔」という 国内最大規模の三重の塔です。
中は、地下1階から地上3階まであります。

とても、興味深いのは、地下1階の 「胎蔵界巡り」 です。 お寺さんの説明では
 「私たちが生まれる前の暗黒の世界で、かすかな御仏の光によって
  衆生救済の可能性を示す。」
ということなのだそうですが・・・
マジ真っ暗! 階段部分だけ 感知式のライトはあるのですが
そこ以外は、何が何だかさっぱりわかりません。
なので、壁に手を付けて進んでいかなければなりません。

でも、最後に光が見えた時の安心感は。。。御仏のおかげです。。。

a0189947_2138851.jpg



西高野山 最教寺
長崎県平戸市岩の上町1206-1
0950-22-2669
AM8:30~PM5:00
拝観料   大人400円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-14 21:35 | *201111長崎(平戸)

台湾one ④

 行天宮

台湾はお寺が多いです。島国だからかもしれませんが、
「媽祖様」(航海・漁業の神様)をお祀りしているお寺が多い中、
このお寺は、関羽帝を中心に五恩主と呼ばれる人たちを祀るお寺です。

a0189947_22162859.jpg

歴史はあまり長くないようで、1943年に創建した 行天堂が起源で
その後、2度移転し現在の地にあります。

a0189947_22164739.jpg


台湾のお寺は、お年寄りだけでなく、若者がたくさんいます。
ガイドさんがいうには、日々の生活の中で、迷うことがあれば
誰もが必ず訪れるそうです。
日本では考えられないくらい、信心深いです。
a0189947_22171232.jpg

昨日の龍山寺同様、建物の装飾がとても豪華です。


 九份

途中、お決まりのお土産屋さんに連行され、ウーロン茶やジャスミン茶を買い
バスにゆられて着いたのは、九份。

元々は、山間の寒村に過ぎませんでしたが、
19世紀末に金が採掘されたことから、発展していきました。
日本統治下に最盛期をむかえ、戦後は採掘量が減り 1971年閉山しました。

a0189947_2218245.jpg

日本家屋に似た建物が多く、「千と千尋の神隠し」のモデルになった
町としても、有名です。

とまぁ、ここまでが普通の解説なのですが、実際現地に行くと
ここも人が多い、当然大陸人が・・・もう慣れちゃいましたけど・・・
a0189947_22174743.jpg


あと、漂ってくる「臭豆腐」のにおいが尋常じゃないくらい クサイです。
これは、なかなか慣れません。
台湾を訪れたことのある人で、「臭豆腐」をおいしいという人がいたら出会ってみたい!

山の斜面に沿うように店が立ち並びます。

a0189947_22184385.jpg

同じお店でも、昼と夜とでは、こんなに雰囲気が違います。
ノズタルジックっていうのは、こんな感じなのでしょうか?
a0189947_2219256.jpg

日本の旅行会社がツアーに必ず入れる理由はコレなのかなぁ~
ガイドさんは、最近日本人の若い女性が増えましたと
おっしゃっていましたが、確かに(若くないですが)ウットリです。

a0189947_2219218.jpg

が!如何せん観光地。人が多くて道が狭い。
すれ違うのも、写真を撮るのも大変です。

a0189947_22193836.jpg


九份からホテルに戻り、さて、パッキング開始です!
[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-30 22:15 | *201110台北

台湾one ③ 

1日目はあっという間に2日目に変わり、朝からまたアクティブです!

ホテルで朝食を頂いて、おばさま方と共に

 忠烈祠

ここは、日本でいうところの、靖国神社と同じ位置づけの場所です。
辛亥革命以降、現在に至るまで、戦争でなくなった方、
SARSの治療で命を落とした医師など、国家に貢献した人々がまつられている場所です。

1時間ごとに衛兵交代が行われますが、
私たちがめぐり会えたのは、海軍のエリート様方ですぅ~
a0189947_21354774.jpg


いやぁ~、むちゃくちゃ緊張感があります。
聞こえるのは、衛兵の「カシャン、カシャン」という靴の音だけ。
毎日同じコースを歩くもんだから、茶色く線ができています。

a0189947_21361711.jpg


大殿や鐘楼は、中国宮殿様式を採用、赤い柱と豪華絢爛な彫刻が印象的です。
北京の紫禁城がモデルとなっているそうで、英霊をまつるのには、ちょっと派手な感じ・・・
でも、白・赤・豪華な装飾。 衛兵交代同様、何となく無言になるのもわかります。

a0189947_21363876.jpg

確か、鐘楼だったと・・・こちらも、バリバリの中国式です。


 故宮博物院

元々は、清朝紫禁城のお宝。
現在は、北京と、ここ台北の2箇所に保管、展示されていますが、
数、価値からすると、圧倒的に 台北の故宮博物院の方が見ごたえがあるそうです。

a0189947_2137827.jpg

しかしぃ~! 人多すぎ。
ガイドさん曰く、ここ数年大陸(中国)からの観光客が多く、いつ来ても
こんな状態なのだそうで・・・
白菜も角煮も見たような、見なかったような。。。
とにかく、人の頭を見に行った気分でした。
  しかも、大陸人、マナー悪すぎ!噂には聞いていましたが、ここまでとは・・・
  声大きい、順番って何?、とにかく、マナー試験で合格しないと
  国外に出てはいけません!レベルにして欲しい!


故宮博物院のお宝は、1年に1度入れ替えられ、
全部を見ようと思ったら、8年はかかるそうで・・・
よくもまぁ、そんなに持ってきたなぁと感心します。

次回はツアーじゃなく、ゆっくりみたいです。大陸人がいなければ・・・


 鼎泰豊 (ディンダイフォン)

世界的にも有名な、点心のお店です。
台湾発祥なのに、日本国内の方が店舗数が多い・・・なぞです。

お昼時で、15分くらい待たされましたが、ようやく着席。
はぁ~出てくるわ、出てくるわ。

a0189947_21373379.jpg


「これは1人8個。」 「コレは1人1個」
ウェイトレスさんの支持に従い、11人で取り分けて行きますが
どんどん出てくるもんだから、味わえなぃぃぃ~!

a0189947_21375331.jpg


やっぱ、観光&食事つきのツアーはクタビれます。 
ゆっくり食べたいなぁ・・

食事が終わり、外に出ると、またこの渋滞。
でも、事件ではないんです。
訪問国の日常を知るのも、旅の楽しみです。
a0189947_21382037.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-27 21:34 | *201110台北

台湾one  ①

秋になるのを待って、念願の台湾へ

朝5:00。夜も明けきらぬうちに自宅を出発!
優しい同僚が迎えに来てくれました。

a0189947_2110441.jpg


そもそも、地元大分空港から出発できるのは国内主要空港及びソウルのみ。
それ以外の場所に行こうと思うと、福岡空港までいかなくてはなりません。

なので、朝 5:40 福岡空港行きの高速バスにて、一路福岡空港へ

a0189947_21124352.jpg


空港での待ち時間、約2時間。これが結構退屈で・・・
飛行機に乗ってしまえばあとは寝るだけ・・・
と、思っていたら、テレビついてるしぃ~!
ここ数年、2時間以上飛行機に乗ることがなかったので、
初めてお目にかかりました。うれすぃ~!

台湾到着ぅ!
お天気は、雲の厚い曇り025.gif
総勢、11人の団体様です。
アタシら以外は、みんなおば様(もちろん、世間様では、私もおば様)

 龍山寺

境内が既にモクモクしてます!線香臭がすごいです。
台湾の人の、信仰心に圧倒されます。
だって、老若男女 お線香持って、ひざまずいて祈ります。
a0189947_21171984.jpg


みなさんが祈ってるのを横目に見ながら、にわか参拝者は
かっこだけ、線香持ってお祈りしますぅ。 絶対、ご利益ないなぁ。
a0189947_2118144.jpg


しかし、長崎もそうですが、中国式のお寺は、ムチャクチャ派手です。
逆光で見にくいですが、ウニャウニャ装飾されているのを見るだけで
とっても、楽しいです058.gif

a0189947_21184632.jpg


 総統府
元々、日本の占領治下に建設された建物で、当時は「総督府」と呼ばれていたそうです。
今回は車窓からしか見れませんでしたが、平日の午前中は無料で見学
できるそうです。
次回はゆっくり見学したいなぁ~。

a0189947_21191323.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-23 20:59 | *201110台北

夏の終わりの避暑 ①

夏の終わりに避暑へ行こうということになり、熊本県は阿蘇市へ

確か、3週間前にもここには来たんですが・・・

阿蘇神社
a0189947_2114633.jpg

全国的にも珍しい、2層の楼門を有する神社です。
前回も書きましたが、阿蘇神社は表参道ではなく、横参道です。
参道の延長線上には阿蘇山があるので、本来の祭神は火山神では
ないかといわれているそうです。

農業の神様らしいのですが、縁結びの神様でもあるらしく、、、
a0189947_21142584.jpg

高砂の松→縁結びの松。
男性は左から、女性は右から共に2回まわると
良縁にめぐまれるそうです。。。が、何度回っても良縁には恵まれていません021.gif


阿蘇神社
熊本県阿蘇市一の宮町宮地3083-1


神社から横参道を歩くと、ここも前回来ました 「水基巡りの道」へ続きます。
a0189947_21144495.jpg

前回とはうって変わって、人が少ないです。
よくよく聞くと、どうも水曜日は定休日のお店が多いらしく
観光客も少なめなのだそうです。
a0189947_2115231.jpg


そんな中、食べてくれぇ~ と言わんばかりに、トマトが湧き水で
冷やされていました。 1個70円 3個で200円・・・相場がわからん・・・
a0189947_21151853.jpg

ランチの時間なので、ご遠慮しました。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-08 21:15 | *201109熊本(阿蘇)

怒涛の日帰り3県またぎツアー  ③

熊本県から宮崎県へ移動
本来の目的地、高千穂へ到着しました。

途中、すごい豪雨にみまわれ、はぁ~この先どうしようと
途方にくれていましたが、なぜか車から降りる頃にはやんでる 001.gif
友と、「ワタシの日ごろのおかげだわぁ」 と、互いに言い合いながら
まず、向かったのは、パワースポットとして有名な

天岩戸神社
お盆休み中なので、人が多いです。。。
a0189947_2150262.jpg


日本書記で有名な、天岩屋(洞穴)をご神体とするため
神殿がなく、拝殿のみの珍しい神社です。

神殿の奥に岩戸川が流れ、対岸に拝殿があります。
社務所で料金を払うと見学できるシステムです。 ちなみに写真NGです。
a0189947_21504331.jpg


神社から岩戸川を上流へ歩いていきます。
夏の盛り感が、木々の色でおわかりいただけるかと思います。
a0189947_2151194.jpg


雨が降ったりやんだりの天気なので、微妙に水量が多いです。
足元がぬれてて、結構キケン 008.gif
上流は、なんとなく靄がかかっていて、何とも幻想的な雰囲気です。
a0189947_21512562.jpg


天の安河原というところです。
天岩屋にこもってしまった天照大神を、どうやって岩戸から出すか
八百万の神様が相談したところです。

とはいえ、これだけ人が多いとご利益があるのかないのか???
写真もボケボケだし・・・
周辺には無数の石積みがあり、一見すると賽の河原のようで
とても神秘的なところではあります。
a0189947_2151441.jpg


川沿いを歩いて、涼しかったのですが、やっぱりそこは猛暑の雨上がり
蒸し暑いったらありゃしない 042.gif

深入り釜蒸し茶ソフトクリームいただきます。
苦い・・・驚くほど苦い・・・でも、おいしかったです。

きゅうりの浅漬け1本モノを売ってましたが、白人の外人さんが
おいしそうに食べてたのが、なんだか微笑ましかったです。
a0189947_2152459.jpg



天岩戸神社
宮崎県 西臼杵郡高千穂町大字岩戸
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-21 21:47 | *201108熊本~宮崎

The お盆 ☆久しぶりの誇り高き八幡総本宮へ

マチュピチュを後にして下界へ

雲行きがあやしいなぁとは思いつつ、多分10年以上前に来たっきりの

 八幡総本宮 宇佐神宮

宇佐神宮は全国に4万社以上ある八幡様の総本宮で、725年に創建されました。
皇室とのつながりも深く、伊勢の神宮につぐ第二の宗廟とされています。

a0189947_22284054.jpg

表参道商店街の中に、気になるお店がありまして・・・


 ねぎ屋さんのねぎ焼き
a0189947_23251180.jpg

(大分県観光情報公式サイトより拝借)

宇佐市を含む、大分県北部は 小ねぎの生産が盛んです。
出荷量 年間920t のうち、約70%は東京へ。
夏場は30日、冬場は60日と ゆっくり時間をかけて育てるので、
ビタミンやミネラルが豊富なんだそうです。 

a0189947_22285952.jpg

で、その 小ねぎ = 「味一ねぎ」 をふんだんに使った 「ねぎ焼き」をいただきました。
実は、ねぎ農家さんが営んでいる 「ねぎ焼き」 屋さんなのだそうで、
しゃっきしゃきの新鮮ねぎが、これでもかぁ~ と言わんばかりに入っています。
お好み焼きよりあっさり、ねぎの辛味は全くなく、とてもおいしくいただきました。

a0189947_13501312.jpg

(宇佐市HPより拝借)

サービスです。と出された、ねぎキムチ&ねぎ味噌 。お土産に買って帰りました。
こちらも、ご飯のともにぴったりで、あっという間に消費されちゃいました。


ねぎ屋さんのねぎ焼き
宇佐市南宇佐2222-4 (宇佐神宮仲見世通り)
080-1539-2686
11:00~17:30
不定休


お腹もいっぱいになったので、引き続き宇佐神宮を散策。
が、やっぱり雲行きがあやしい 057.gif

大鳥居を抜けると、初澤池があります。
ここにある蓮は、千葉県の2000年前の地層から出土した実を復活させた
ものだそうで、古代蓮といわれています。

a0189947_22294030.jpg

見ごろは7月~8月初旬なので、時期的には終わりに近いですが
それでも、きれいな花が楽しめます。
a0189947_22295623.jpg

池を過ぎたあたりから、頭上でゴロゴロ、ピカピカ
はぅ~、、、まずいぞぉと思いながら、それでも境内をユルユル歩きます。

樫や楠の茂る薄暗い参道を抜けて、上宮についたころには
パラパラ雨が・・・

a0189947_2230156.jpg

宇佐神宮は参拝の仕方が他とは違い 「二礼 四拍手 一拝」です。
お作法通り勅使門でお参りをした途端、
ゴォ~っとすごい勢いで雨が降り出しました 033.gif
まさにゲリラ豪雨ってのはこのことなのねぇ~ 

地面から湯気があがってますぅ 057.gif
でも、20分もしないうちに、小降りになって、あがってしまいました。
お参りした甲斐がありました。

宇佐神宮には、上宮・下宮があります。
どちらか片方しかお参りしないことを 「片参り」 というそうで、よろしくないそうです。

a0189947_22303992.jpg


なので、西大門を通り、下宮へ向かいます。
あたりは、原生林の林で陽射しもないので、何とも不気味です・・・

「もののけ姫」みたいだなぁと、しゃべりながら歩いていると。。。
またしても豪雨 057.gif

下宮にたどり着けず、雨宿り 
はぁ~ 何か罰当たりなことでもしましたかいなぁ?八幡大神様ぁ 042.gif
a0189947_22305787.jpg



宇佐神宮
宇佐市大字南宇佐2859
TEL:0978-37-0001
駐車場 普通車 400円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-14 22:24 | *宇佐市

oh! ランタンフェスティバルぅ!⑤ 唐人屋敷

ランタンフェスティバル 唐人屋敷会場

唐人屋敷」は、鎖国時代、中国からの貿易の為に長崎に来た人たちが
強制的に居住させられた地区です。
約9400坪の敷地に長屋があり、2000人もの収容能力があったといわれています。

今では大きなお祭りになりましたが、
昔は、この地区や、唐寺などの小さなコミュニティの中だけのお祭りだったのかも
しれませんね039.gif


土神堂 (長崎市指定史跡)

a0189947_15512754.jpg


土神様(どじん・どしん)
中国の民間信仰神で、土地や家を守り、豊穣の神様としても信仰されています。


唐人屋敷中通り (坂段市場)

a0189947_1632910.jpg


市場といわれますが、夜は真っ暗です。それがランタンを際立たせていいのかもしれまんが、
暗くて結構怖いです。
これも、幻想的ではありますが。。。現実、足元が見えない。。。008.gif


天后堂 (長崎市指定史跡)

a0189947_16121270.jpg


航海の神様、媽祖様をおまつりしています。
媽祖様は中国福建省で発祥した民間信仰で、超能力で海難事故を防いだそうです。

a0189947_16232474.jpg


媽祖様の隣にいます。何なんだか、神様なのか?でも、ギョロ目が気になる黒いヤツです。


観音堂 (長崎市指定史跡)

a0189947_16284488.jpg


観世音菩薩と関帝がまつられています。
関帝はそろばんの発明をしたといわれ、商売の神様としてまつられています。

a0189947_16354921.jpg


観音堂の入り口にあるアーチ型の石門は、唐人屋敷当時のものだそうです。

a0189947_16384625.jpg



福建会館 (長崎市指定有形文化財)

a0189947_16405323.jpg


明治元年に中国福建省出身者で作られた建物です。
以前は本館があったそうですが、原爆で倒壊し、現存するのは正門と天后堂だけです。
敷地内には、資料館もあります。



a0189947_1646323.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-22 15:37 | *201102長崎