タグ:温泉 ( 6 ) タグの人気記事

九州の右端から左端へ   ③

本日のお宿
 
 平戸海上ホテル
じゃらんnet で 口コミが良かったので選びました。
事前に、先方の都合で グレードアップということで・・・

どぉ~ん!と、広いお部屋に案内されまして、母と2人では広過ぎですぅ  
a0189947_21305589.jpg


部屋のお風呂から海が一望できます、さすが海上ホテル 072.gif
が、大浴場が2箇所もあるので入りませんでした。
a0189947_2131118.jpg


ご飯の前に、一風呂!
a0189947_15323240.jpg

(平戸海上ホテルHPより拝借)

 海望露天風呂
 海とつながっている様な露天風呂です。
 入った時間が、既に日没後だったので、真っ暗 057.gif
 でも、行き交う船のライトが、とても風情があって楽しめました。


お待ちかねぇ♪ 夕ご飯の時間です。

なんと豪華に、個室に通されました。
前菜は、海の幸満載 053.gif 
珍しい、クジラもいただきました。
a0189947_21313094.jpg

お刺身ぃ~058.gif ヒラメがいます。 ヒラメ!
淡白なお味で、ポン酢でいただきます。 うぅ~ん、フグに匹敵するかもぉ 071.gif
こんなにあって、2人前です。メインが食べられるんでしょうか???
a0189947_21314773.jpg

で、こちら 「あら鍋コース」 のメイン。 アラちゃんです053.gif

“あら”は、九州では “クエ”と呼ばれています。
九州場所が始まると、お相撲さんがこぞって食べるといわれるほどです。
この“あら”ちゃん、身と皮の間に、プルプルのゼラチン質。
これが、美肌成分コラーゲン様ですぅ。
明日の朝は、顔がテカテカかもぉ~ と言いながらいただきます。
 
a0189947_2132247.jpg

他にも、茶碗蒸しや平戸牛、椀物などなど、出るわ出るわ・・・
で、〆は鯛茶漬け。もぉ食べれませ~ん。012.gif

a0189947_21321888.jpg

と言いつつ、完食いたしました。
口からぴゅぅっと出そうです


お土産を物色しながら、明日買うものを品定め。
あれやこれや考えながら、お部屋へ戻ります。

母が 「いのししてい」 と読んだ、「なぎさてい」で就寝します・・・
a0189947_213233100.jpg

って、まだ9:30でした。。。当然、夜中の2時に目が覚めてしまいました。008.gif


平戸海上ホテル
長崎県平戸市大久保町2231-3
0950-22-3800
(立ち寄り湯もあります)
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-13 21:29 | *201111長崎(平戸)

会社の旅行。。。

長く勤めていますが、会社の報奨旅行に同行させていただいのは初めてで、
とても恐縮しつつ、「タダ旅行」 おおいに楽しもうと思いまして・・・

勤務先の本社に集合だったのですが、どうも 057.gif っぽい。
なにやら 雨男 がいるらしく、不安ですぅ。

高速道路をひた走り、ついた先は

 田主丸ワイナリー

会社の報奨旅行だけに、あまりお金のかからないところへ行くのね・・・

田主丸は福岡県久留米市に位置します。
久留米といえば、工業都市のイメージが強いですが、
田主丸は、筑後川と耳納連山を有する、肥沃な土地のおかげで
果物の産地として有名なところです。

ワイナリーというくらいですから、当然ブドウの産地で
特に、巨峰は古くから田主丸で作られ、観光農園もたくさんあります。

a0189947_8102238.jpg


ワイン貯蔵庫の入り口です。
すご~く、コケむした感がしませんか?


中に入る前から、アルコール臭が漂い・・・
と思っていたら、我がチームの飲んだくれが近くにいました。ガックリ。

当然貯蔵庫の中も、ワインの良い香りがします。
1973年もの?だったかなぁ、とにかくとても古いワインが
たくさん隠され、もとい、貯蔵されていました。 さて、1本いくらするんだか
a0189947_8111293.jpg


貯蔵庫の見学もそこそこに、みなさん、試飲コーナーへ
ひぇ~~~っ、飲めませんから、結構ですぅ。

で、発見したこの看板!

a0189947_8103498.jpg

さっそくいただきます!
a0189947_8104484.jpg

濃厚なブルーベリーソースがたっぷり・・・ではありませんが、
ホントに濃かったので、十分です。

a0189947_8113022.jpg


「ワインの森」と謳っているだけに、深い森の中にある静かなワイナリーです。

がっっ、散々試飲を飲み散らかし、何も買わずに去っていく人たち
とは、一緒に来たくなかった。。。トホホ025.gif


田主丸ワインの森
福岡県久留米市田主丸町益生田246-1
0943-72-2382


目的地は 嬉野温泉なのですが、
途中、お昼を食べ、 さらに高速にのり、 「佐賀城本丸歴史館」 を 見学し

着いた先が、嬉野温泉

 萬象閣 敷島

嬉野温泉の中では、高級なホテルなのだそうで、確かに
ウェルカムスイーツなる、上品なプリンが、登場!しました。
a0189947_8121926.jpg

上から、抹茶ソース・カスタードプリン・黒蜜ソースの3層仕立て。
下からゴッソリ混ぜてからいただきます。

ん~美味しゅうございます。


大宴会(?)まで、時間があるので、ちょっと散歩に

◆豊玉姫神社
a0189947_8123538.jpg

竜宮城の乙姫さまの遣いといわれる豊玉姫が 嬉野を訪れた際に、
傷ついていた大きななまずに遭遇し、湧き出る湯を掛けて あげたところ、
見違えるように肌が白くツルツルになったという言い伝えがあるそうで・・・

はぁ~触りました触りました。とぅるっとぅるですぅ~!
しかし、なぜナマズだったんでしょう?淡水魚ならコイでもいいじゃない。。。

◆シーボルトの足湯
a0189947_8125088.jpg

シーボルトが江戸参府の途中、嬉野温泉の藩営浴場に立ち寄ったことが名の由来の 足湯。
24時間、誰でも無料で入れます。 が、残念ながら見学のみで宿へ戻りました。

だって。。。
大宴会が始まるんですものおぉ~~~!

a0189947_813433.jpg


a0189947_8131693.jpg

おいしくいただいたのは最初だけ、あとは飲めや歌えやで
訳わかんなぁ~~~い   071.gif

すみません。情けなく夜は更けていったのでありました。

嬉野温泉【萬象閣 敷島】
〒843-0304 佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲114-1
TEL:0954-43-3135 FAX:0954-42-1326
[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-07 20:13 | *201110福岡(田主丸)

夏の終わりの避暑 ⑤

本日のお宿

 白水温泉 竹の倉山荘

ネットで検索してて、 「全室露天風呂付」 の文字に惹かれ、
あと、口コミも良かったので予約しました。

阿蘇山の南側の麓にあるので、敷地全体に坂道が多いです。

a0189947_21494812.jpg


黒を基調にした、おしゃれなお宿です。

大浴場には、“寝湯”がありました。
遅い時間に母と2人、星空を見ながら湯船につかっていました。
さながら、トド2頭・・・
a0189947_21501496.jpg


大浴場から宿泊棟(本館)へつながる坂道。。。
結構キツイです。 お食事処へ行くのもこの坂道を歩きます。。。

a0189947_2150334.jpg


扇状にお部屋が並びます。
うるさいかなぁ~と思ったけど、裏の田んぼの稲刈りの音が気になったくらいで
とっても静かに過ごせました。
a0189947_21504923.jpg


部屋の露天風呂。
大きくはありませんが、十分です。お湯はかけ流し、24時間いつでも
入っていいです、ということだったので、3回も入りました、、、疲れる、逆に・・・
a0189947_2151393.jpg


部屋から見えるのは阿蘇の山と晩夏の空。
隣は田んぼで稲刈りの真っ最中です。
露天風呂の縁に立つと丸見えです。 025.gif
a0189947_21515615.jpg


夕ご飯をお食事処でいただきます。
ちびっこいっぱいで騒がしい026.gif  仕方ありませんが・・・

鶏三昧です。 
a0189947_21521332.jpg

熊本県特産の「天草大王」という地鶏を使った会席料理です。

マルパッチョ。臭みもなくとてもおいしくいただきました。
冬は鶏鍋もおいしそうです。 また泊まりたいですぅ。
a0189947_21523164.jpg


「夜食におにぎりをお持ちします」
と言われても、もう食べれなぁ~い 012.gif


白水温泉 竹の倉山荘

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中村2065
0967-67-2980
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-15 21:53 | *201109熊本(阿蘇)

いつでもどこでも、温泉天国 ④

黒川温泉 瀬の元館  夢龍胆

黒川温泉の中では、比較的大きな旅館です。
a0189947_15215369.jpg

立ち寄り湯って、何だか遠慮がちになっちゃいますが、
黒川温泉は全然そんなことないです。 Welcome Welcome 056.gif


a0189947_1522982.jpg

 女性 露天風呂 「天女の湯」
茶褐色のお湯で、そんなに熱くないので、のんびり入れます。
沈殿物がオシリに付いて・・・おサルのようです057.gif


a0189947_15222569.jpg

 女性 内湯 「なでしこの湯」
木造でなんだか薄暗い。でも落ち着きます。
窓を開けると、下に川が流れていて、涼しい風が入ってきます。
が、気をつけないと木々の間から向こうの道路が見えます012.gif

アメニティーは備え付けなので、タオルさえあれば、何もいりません。
空気清浄器、コインロッカー(100円)、ドライヤー等 設備は十分。
これまた、平日なので、貸切状態。 ゆったりお風呂を満喫しました。

お風呂の入口には休憩所があって、冷たいお水、自動販売機、フットマッサージ機(有料)等お風呂の後の待ち合わせにも便利です。

日帰り入浴
AM8:30~PM9:00
日帰り入浴(500円) ・ 手形入浴 両方OKです。012.gif


a0189947_15224762.jpg

旅館の玄関にある囲炉裏。初夏でも火がついてます。
ぼや~っと座って、アイスクリームても食べたいですなぁ。。。

a0189947_1523422.jpg

こちらは足湯です。
何と、誰でも使っていいそうです、太っ腹!
利用時間    AM7:00~PM6:00

a0189947_15232742.jpg

当然ですが、静かにひっそり御いとまします012.gif
ちょうど、チェックイン前なので、誰もいません。静かぁ~な感じ。。。

いつ行っても、のんびりゆったりできる 「夢龍胆」のお風呂です。

a0189947_15234164.jpg

で、ここにもとうもろこし・・・

黒川温泉 瀬の元館  夢龍胆
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6430-1
TEL(0967)44-0321  FAX(0967)44-0323

[PR]
by cobalt2629 | 2011-06-06 22:20 | *201106熊本(黒川温泉)

いつでもどこでも、温泉天国 ①

今では全国でも有数の温泉地となった

黒川温泉

我が家からは車で2時間くらいの、日帰り距離です。

まずは、風の舎(旅館組合事務所)で、情報収集。
a0189947_155424.jpg

黒川温泉の中心にある観光案内所です。
黒川温泉は、徒歩でめぐるのが1番。
で、駐車場(無料)はそこここに点在しているので、行く場所によって駐車場を移動するのも手です。(土日は多くて無理ですが・・・)

a0189947_158018.jpg

これ、温泉手形。 風の舎、各旅館で販売されています。
1枚1,200円で、購入から半年有効、黒川温泉内3ヶ所に入湯できます。 
(1人1枚の利用)
利用時間は 朝8:30~夜9:00までと、かなり融通がききます。
お土産に持って帰って、鍋敷きにもできちゃう037.gif 厚めの手形です。
最近は、子供手形(700円)もできたようで、ファミリーにもお勧め。

とはいえ、日帰りなので、3ヶ所も入ってる時間がない。
今回は、購入しませんでした。

車をとめて、いざ散策。いご坂を下り、下川端通りへ。
ここが、黒川散策のメインになるのかな・・・

途中、足湯がありました。以前はなかったのに、、、
a0189947_15113793.jpg

とうもろこしの干している光景が、そこここにあります。
田舎の風情が漂います。で、どうやって使うのか・・・わかりません。

足湯の中は、こんな感じです。平日なので、誰もいませんでした。015.gif

a0189947_1581230.jpg

というか、マジで観光客が少ない。
平日のせいかもしれませんが、お店の売り子さんの方が多いような気がします。

川を挟んだ向こう側には、以前泊まった「ふじ屋」。
川沿いのお部屋で、のんびり過ごしました。
a0189947_1582719.jpg

こちらは、洞窟温泉で有名な 「新明館」。
宿のご主人が手掘りでつくった洞窟風呂。サウナみたいであっついです。031.gif
でも、屋外に出ると、川の流れのおかげでひんやりします。
a0189947_1584274.jpg


いろんなところに、田舎を感じさせる光景があります。
のんびり過ごす・・・ってのは、こんなところじゃないとできません043.gif
a0189947_159686.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-06-01 21:53 | *201106熊本(黒川温泉)

お正月の過ごし方。

毎年我が家の正月は、母の希望で年越し旅行と決まっております。

とはいえ、毎年同じ 久住高原。
ひたすら温泉に入る、食う、寝る。時々読書。
これを3泊4日繰り返すのである。

今回は、天気に恵まれず、
チェーンを装着するのも一苦労。
雪道走行も命がけ。
陸の孤島。

a0189947_23182782.jpg



久住高原コテージ 「満天望温泉」

阿蘇くじゅう国立公園が一望できる、
露天風呂としては、これ以上ないロケーションです。

立寄り湯もOKです。  (大人 500円 小人300円)


久住高原コテージ
〒878-0205
大分県久住高原820「天空の丘」
TEL:0974-64-3111
FAX:0974-64-3115
http://www.kujukogen.com/
[PR]
by cobalt2629 | 2011-01-03 23:34 | 大分県