タグ:大分県 ( 17 ) タグの人気記事

2011紅葉

◆ 旅庵 「蕗の薹」 お食事処「蕗邨」

母由来のテレビ情報で、ランチはお蕎麦です。

国宝富貴寺の脇、竹林の中にある旅館内にあるお蕎麦屋さんです。

a0189947_23362766.jpg

結構有名な旅館なんだそうで、壁に色んな人のサインがありました。
「山口智子」には、ちょっと驚きました056.gif

a0189947_23364176.jpg

平日にもかかわらず、団体客が多いです。

掻き揚げ蕎麦
細めのお蕎麦で、おつゆも出汁がきいてておいしかったです。
全ての食材が豊後高田で取れたものを使っているそうです。
a0189947_23365563.jpg


蕗邨 (ろそん)
大分県豊後高田市田染蕗2365
0978-26-2668


◆ 蓮華山 富貴寺

今でこそ「国宝」ですが、以前は近所の子供の遊び場だったそうで、
今でも床下には、子供の足跡がたくさん残っているそうです。
a0189947_2337124.jpg


元は、平安後期の建立で、現在のものは、昭和23年~25年に改修されたものだそうです。
ご本尊は、阿弥陀如来坐像で、高さ85cmと、結構大きいものですが
実際は、外の光が入らないのと、最小限の照明の為、細部までは見ることができません。

境内には、両子寺と同じく、仁王像がありますが
こちらの像は、何となく愛嬌があり親しみやすい仁王様です。


富貴寺
大分県豊後高田市田染蕗
0978-26-3189
[PR]
by cobalt2629 | 2011-12-09 23:35 | 大分県

The お盆Ⅱ ☆せんせー!

勤務先のお盆休みは5日。
昨年は、母方の祖母の初盆があり、伯父の住む奈良へ行きましたが、
今年は父方 母方、平等に墓参りができます。

というわけで、盆の送りは母方の里、中津市へ。


 福澤諭吉旧居

中津市は、壱万円札の里 というお菓子があるくらい有名な
福澤諭吉先生のふるさとです。
ふるさとと言っても、生まれは大阪で、父親が亡くなったあとに
中津に移り住んだそうです。

a0189947_22543679.jpg


子供の頃からアイデアマンだったようで
↓の天井から吊り下がっているものは棚らしく、ねずみの害にあわぬようと
  取り付けたものだそうです。

a0189947_22551071.jpg


中津藩は、とても封建的だった為、身分格差がきびしく
先生はそのことをあまり良く思っていなかったようです。

a0189947_23424982.jpg


いまでこそ、自然を守る活動は世界規模ですすんでいますが、
明治時代、中津市耶馬渓町の青の洞門が通っている「競秀峰」一帯が
売りに出されたとき、その土地を少しずつ購入し、今の景観を残す活動を
したのも福澤先生だといわれています。

a0189947_2314022.jpg


隣接する「福澤記念館」は、今年の4月にリニューアルオープンし
先生ゆかりの品など展示されています。
広くはありませんが、最近のTVドラマ “仁” で活躍する「緒方洪庵」なんて名前もあり
見ごたえ十分です。


◆ 福澤諭吉旧居 ・ 福澤記念館
大分県中津市留守居町586
0979-25-0063
開館時間   8:30~17:00 (入館受付16:30まで)
入館料金   高校生以上  400円
         中学生以下  200円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-15 22:53 | *中津市

The お盆 ☆久しぶりの誇り高き八幡総本宮へ

マチュピチュを後にして下界へ

雲行きがあやしいなぁとは思いつつ、多分10年以上前に来たっきりの

 八幡総本宮 宇佐神宮

宇佐神宮は全国に4万社以上ある八幡様の総本宮で、725年に創建されました。
皇室とのつながりも深く、伊勢の神宮につぐ第二の宗廟とされています。

a0189947_22284054.jpg

表参道商店街の中に、気になるお店がありまして・・・


 ねぎ屋さんのねぎ焼き
a0189947_23251180.jpg

(大分県観光情報公式サイトより拝借)

宇佐市を含む、大分県北部は 小ねぎの生産が盛んです。
出荷量 年間920t のうち、約70%は東京へ。
夏場は30日、冬場は60日と ゆっくり時間をかけて育てるので、
ビタミンやミネラルが豊富なんだそうです。 

a0189947_22285952.jpg

で、その 小ねぎ = 「味一ねぎ」 をふんだんに使った 「ねぎ焼き」をいただきました。
実は、ねぎ農家さんが営んでいる 「ねぎ焼き」 屋さんなのだそうで、
しゃっきしゃきの新鮮ねぎが、これでもかぁ~ と言わんばかりに入っています。
お好み焼きよりあっさり、ねぎの辛味は全くなく、とてもおいしくいただきました。

a0189947_13501312.jpg

(宇佐市HPより拝借)

サービスです。と出された、ねぎキムチ&ねぎ味噌 。お土産に買って帰りました。
こちらも、ご飯のともにぴったりで、あっという間に消費されちゃいました。


ねぎ屋さんのねぎ焼き
宇佐市南宇佐2222-4 (宇佐神宮仲見世通り)
080-1539-2686
11:00~17:30
不定休


お腹もいっぱいになったので、引き続き宇佐神宮を散策。
が、やっぱり雲行きがあやしい 057.gif

大鳥居を抜けると、初澤池があります。
ここにある蓮は、千葉県の2000年前の地層から出土した実を復活させた
ものだそうで、古代蓮といわれています。

a0189947_22294030.jpg

見ごろは7月~8月初旬なので、時期的には終わりに近いですが
それでも、きれいな花が楽しめます。
a0189947_22295623.jpg

池を過ぎたあたりから、頭上でゴロゴロ、ピカピカ
はぅ~、、、まずいぞぉと思いながら、それでも境内をユルユル歩きます。

樫や楠の茂る薄暗い参道を抜けて、上宮についたころには
パラパラ雨が・・・

a0189947_2230156.jpg

宇佐神宮は参拝の仕方が他とは違い 「二礼 四拍手 一拝」です。
お作法通り勅使門でお参りをした途端、
ゴォ~っとすごい勢いで雨が降り出しました 033.gif
まさにゲリラ豪雨ってのはこのことなのねぇ~ 

地面から湯気があがってますぅ 057.gif
でも、20分もしないうちに、小降りになって、あがってしまいました。
お参りした甲斐がありました。

宇佐神宮には、上宮・下宮があります。
どちらか片方しかお参りしないことを 「片参り」 というそうで、よろしくないそうです。

a0189947_22303992.jpg


なので、西大門を通り、下宮へ向かいます。
あたりは、原生林の林で陽射しもないので、何とも不気味です・・・

「もののけ姫」みたいだなぁと、しゃべりながら歩いていると。。。
またしても豪雨 057.gif

下宮にたどり着けず、雨宿り 
はぁ~ 何か罰当たりなことでもしましたかいなぁ?八幡大神様ぁ 042.gif
a0189947_22305787.jpg



宇佐神宮
宇佐市大字南宇佐2859
TEL:0978-37-0001
駐車場 普通車 400円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-14 22:24 | *宇佐市

The お盆 ☆なんちゃってペルーへ行ってみた

盆の入り。
暦の上では秋なのですが、まだまだ夏 真っ盛りです。

暑い暑いとばかり言ってはいれないので、
両親と共に、父方の田舎へ墓参りです。

 里の駅 小の岩の庄
a0189947_2220381.jpg

道の駅と同じような、地域の物産直売所です。

とにかく、品揃えがすごい。
野菜、お肉、魚、惣菜、お菓子 などなど
全てに生産者の名前があるので、安心してお買い物できます。

お盆で帰省している人や、それを迎える人などで、店内ムチャ混みです056.gif

a0189947_22205546.jpg

お盆なので、「ほおずき」がたくさん並びます。
ほぼ1束 200円! 安っ!

里の駅 小の岩の庄
宇佐市安心院町戸方7-1   
Tel 0978-34-2224
AM8:30~PM5:30



無事、お墓参りを済ませ、次なる目的地は・・・
南米ペルーの世界遺産マチュピチュ!



に行ってみたいのはヤマヤマですが、お金もお休みもないので
「宇佐のマチュピチュ」へ行ってみました。

a0189947_22211919.jpg

どうでしょう?似てます?

中央にみえる円錐型の山? その下の集落や石垣。言われてみれば確かに似てるような・・・

宇佐市院内町の西椎屋地区。
耶馬溪と同じく、紅葉の名所で秋になると、また違った姿が見れると思います。
a0189947_23154295.jpg

父の生まれた家がこの近くの集落なのですが、隣の家が多分100m くらい
離れてるような、すっごい田舎です。

子供の頃は、山の中で迷子になり、沼にはまったり、田んぼのあぜ道から転げ落ちたり、、、今では考えられないような、もしかして死んでしまってたかも・・・ってな体験も数多くしました。

a0189947_23161451.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-13 22:19 | *宇佐市

夏蕎麦うましっ!

耶馬溪と聞くと、紅葉 しか思い浮かばない・・・
確かに、秋は観光客でごった返し、歩道から人があふれだし
多大な交通渋滞を招く地域ですが・・・

夏はといえば、玖珠や日田から中津方面に抜けるのが
目的だと言わんばかりの交通量です。

で、そのシーズンオフの耶馬渓に何をしに来たかというと・・・

a0189947_1361785.jpg


お蕎麦を食べに!
考えてみれば、お蕎麦もシーズンは秋なのに・・・

 元祖 深瀬屋

深耶馬溪地区では、ワタクシ的には1番好きなお蕎麦やさんです。
夏は 「ざる蕎麦」 と思いきや、胃腸が気になり 「月見蕎麦」
柿の器に入ってる柚子胡椒を入れていただきます。

いつ食べても、しっかり歯ごたえありのおいしいお蕎麦です。

a0189947_23341635.jpg

自然薯が得意な方は、ぜひ 「山かけ蕎麦」をおすすめします。
左に写っている黒いものは、自家製の「椎茸の辛子漬け」
かなり辛いですが、お酒のつまみにも合うらしく、ファン多しです。

a0189947_2332189.jpg

店内は、田舎の食堂って感じで、なんだか懐かしい匂いがします。


元祖 深瀬屋
中津市耶馬溪町大字深耶馬溪3153-1
0979-55-2055
AM9:00~PM7:00
不定休
公共駐車場あり


お蕎麦を堪能して外へ出ると、秋とはまた違う 一目八景。
a0189947_23253277.jpg
a0189947_23255329.jpg

はぁ~ 夏真っ盛りって感じです。 暑い!

秋には、一面真っ赤になりますよぉ~。


a0189947_23314699.jpg

こんな感じです。 きれいでしょう?
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-06 12:53 | *中津市

DIVE!

 龍門の滝

大分に住んでいれば一度は見たことのあるCM。
八鹿酒造でおなじみの、龍門の滝
a0189947_11583290.jpg


幅40m 落差20m 2段の滝で、1段目は深い滝つぼがあり
そこから流れ出た水が 2段目の緩やかな滝につたい滝すべりができるといった具合です。

歴史は古く、鎌倉時代に中国から来たお坊さんが「龍門の滝」と命名し、
龍門寺というお寺を建立したといわれているそうです。027.gif

a0189947_1221635.jpg


さて、滝すべりを楽しむ為には
滝の敷地に入る前に、旅館や土産物屋さんで有料で貸し出している
ウレタン素材のシート(バスマットみたいなもの)を、準備しないといけません。
でないと、お尻の皮がズル剥けちゃいます。 025.gif
(ちなみに、ワタシが子供の頃は、農家で使う肥料袋(厚いビニール袋)にワラを詰め込んでそれをお尻の下にすべっていましたが・・・)

あとは、滝の側にある注意書きをよく読んで、すべるのみ!

滝を登るのはそんなに難しくありませんが、
すべり始めは結構勇気がいります。が、なれちゃえばへっちゃらなのです!
はぁ~~~ 子供に戻りたい 058.gif

a0189947_12365325.jpg

ここからから流れ出た水は、松木川・玖珠川となり、やがて筑後川として有明海に注ぎます。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-04 21:48 | *玖珠郡

夏を満喫する会 第一弾!③

目的地到着!  
a0189947_1755534.jpg


岳切渓谷 (たっきりけいこく)

岳切渓谷は長さ約2kmの渓流で、耶馬溪凝結溶岩の一枚岩の岩盤でできています。
(耶馬溪溶岩は、約100万年前に、九重山北方にある埋没したカルデラ、猪牟田(ししむた)カルデラを噴出源とすることがわかっています)

岩盤の上に深さ20cmくらいの水が流れているので、
その中に入ってジャブジャブと歩くことができます。

夏場はとても涼しく、水深が浅いので、子供たちの水遊びにもってこい!
敷地内にはキャンプ場もあるので、夏になると家族連れでごった返します。

a0189947_17561354.jpg


渓流に沿って遊歩道がありますが、当然素足でジャバジャバ流れに入ります。
緑の木々に囲まれ、足は冷たくてとても気持ちいい~
時々、穴に注意しないと捻挫しちゃいますが・・・

2kmほど続く渓流を歩くと、最後は「大飛(おおとび)の滝」が流れ落ちています。
以前は、下を覗くことができていたのですが、今は立ち入り禁止になってます 025.gif

a0189947_1756276.jpg


夏が一番楽しめる渓谷ではありますが、
秋の紅葉、春の新緑の頃もきっと違う楽しみがあると思います。


岳切渓谷
大分県宇佐市院内町大字定別当
0978-42-6326  (岳切渓谷管理棟)
駐車場代・清掃料として  300円



帰りに道の駅院内に立ち寄りました。
名物の「ゆずソフトクリーム」を食べながら、これ (ちょっと映り込みが激しいですが・・・)
a0189947_11463910.jpg


▲オオサンショウウオ
国の特別天然記念物です。
岳切渓谷のある院内町は 国指定のオオサンショウウオの生息地です。
夜行性で、肉食。昼間は水辺に掘った穴の中で休んでいます。

写真では大きさがわかりませんが、コイツ 1mくらいある大物です。
表面がイボイボしてて、かなり気持ち悪いです 057.gif

が!めったにお目にかかることができないので、拝んで帰りました。


道の駅 いんない
大分県宇佐市院内町副1381-2
0978-42-5539
休館日:第2、第4月曜日(祝祭日と重なる時は翌日)、12月31日、1月1日・2日
[PR]
by cobalt2629 | 2011-07-23 17:57 | *宇佐市

夏を満喫する会 第一弾!②

ほどよくお腹がすいてきたので、ワイン工房に隣接する

◆ ワイナリーレストラン朝霧の庄
a0189947_17542448.jpg


安心院といえば、「すっぽん」 というくらい全国的にも有名(?)ですが、
どうも、あのゼラチン質とグロテスクなお姿が苦手でして・・・

こちらのレストランにも すっぽんのメニューがいくつかあります。
すっぽん定食・すっぽん雑炊 などなど・・・  
・・・まずオーダーすることはないと思われますが・・・

で、今回食したのが こちらっ
a0189947_17543951.jpg

▲ 特選ステーキ丼    ¥1,260 

ビーフシチューと散々迷って、「限定20食」 の誘惑に負けてしまいました。
とはいえ、ビーフシチューも 限定20食だったんですが・・・

肉厚でジューシー、お箸で切れちゃう柔らかさ。
満腹満足な どんぶりでございました 038.gif


ワイナリーレストラン朝霧の庄
大分県宇佐市安心院町下毛828番地の2(家族旅行村)
0978-44-1236
営業時間    8:30~17:00 (1月2月9:00~16:00)
定休日      なし(但し12月30日~1月1日休業)
[PR]
by cobalt2629 | 2011-07-21 22:53 | *宇佐市

夏を満喫する会 第一弾!①

お子ちゃま達が夏休みに入り、ごった返す前に、大人の避暑地へ行こう!
ということになり、大分県宇佐市へ。

あいにくの曇り空で、しかも 道中 高速道路が 霧で真っ白057.gif
50キロ規制というより、通行止めにしてくれよ~ NEXCO西日本!


まず、ランチをいただく前に、運動を・・・
a0189947_15243935.jpg


安心院葡萄酒工房

「いいちこ」でおなじみの、三和酒類が経営している ワイン工房です。
安心院・院内は、朝晩の寒暖の差が大きい為、良質なぶどうが育ちます。
もちろん、秋になれば、ぶどう狩りもそこここで、できます。

園内には醸造所、貯蔵庫、ブドウ畑、ショップなどがあります。

a0189947_16222921.jpg

 ワイン醸造場です。ワインの発酵臭がすごいです043.gif
   8月中旬から白ワインの醸造が始まり、9月 10月とブドウの種類によって
   仕込みの時期が変わるそうです。

a0189947_1713836.jpg

 ワインの貯蔵庫の中には、昔使われていた道具などが展示されています。
   さすがにひんやりして薄暗く、一人では怖いかも・・・

a0189947_1753569.jpg

   特に、ここなんか、どう見ても、中世ヨーロッパの拷問道具とか言われたら
   信じちゃいますよぉ~008.gif

貯蔵庫の矢印に従い、展望台へ
てっきり、貯蔵庫の屋上だと思っていたら、屋外へ・・・
長い階段を、ダラダラダラダラグデグデグデグデ上っていくと
a0189947_1717303.jpg

あいにくの雲り空ですが、宇佐の盆地から、別府方面の山々がかろうじて見えました。

・・・しかし・・・
翌日から、長きに渡る筋肉痛との戦いが待っていることを知る由もなかった057.gif
                                           
a0189947_1722429.jpg




安心院葡萄酒工房
大分県宇佐市安心院町下毛798(家族旅行村隣接)
0978-34-2210  
営業時間    9時~16時(園内見学17時まで可)
入園料      無料
定休日      毎週火曜日 (祝日の場合営業)、年末年始
[PR]
by cobalt2629 | 2011-07-20 14:20 | *宇佐市

海の恵みをいただきまマンボウ!

道の駅 かまえ

大分県内では、人気の高い道の駅です。058.gif
週末ともなれば、県内外からたくさんのお客さんがやってきます。
駐車場に入るだけでも一苦労。
レストランともなれば、長い時は2時間待ちなんてザラです057.gif

「新鮮」が売りなだけあって、海産物をはじめ、野菜や果物などたくさんの品物が並びます。

a0189947_051738.jpg


「佐伯の殿様 浦でもつ」
浦とは入り江のこと。
リアス式海岸が続く県南地域はたくさんの “浦” があります。
海産物が豊富に獲れる為、その収入によって、佐伯藩の財政も潤いました。 027.gif


海鮮レストラン 海鳴亭
a0189947_054631.jpg

で、せっかくですから、殿様気分で
「海鮮丼」  1,150円
  カンパチ・アジ・イカなど、新鮮な刺身がこれでもかぁ!
  というくらいのってます 004.gif  ボリューム満点っす
  お醤油にワサビをといて、ぐるっとかけまわして いただきます!

 
a0189947_06595.jpg

「海老天丼定食」  1,260円
  大きなブリブリした海老が3尾  053.gif
  生ものがちょっとぉ~ 007.gif  とおっしゃる方にも
  海の恵みを堪能していただけること、間違いありません!


a0189947_06194.jpg

「リュウキュウ丼」  890円
  新鮮なお刺身をオリジナルのタレに漬け込んだ、手の込んだ一品です。
  お味噌汁は、魚のお出汁がきいていて、鼻から磯の香りが抜けていきますよぉ 060.gif



「道の駅かまえ 塩ドロップス」
これ、かなりウマイです  043.gif 
蒲江の天然塩「宗治の塩」を使った、正真正銘の 蒲江オリジナルみやげ です。
手書きのイラストも、ユルユル系でカワユイっす 056.gif
a0189947_1615362.jpg

  (道の駅かまえ HPより拝借しました)


地元産の新鮮な海産物、水産加工品をはじめ、野菜や手作りお菓子など販売しています。
蒲江ならではのお土産がところ狭しとならんでますよぉ~
オススメは・・・ブリカツバーガー! 小腹が空いたら、はい、どうぞ!
a0189947_053135.jpg


道の駅かまえ
佐伯市蒲江大字蒲江浦5104-1
0972-42-0050
直売所   AM9:00~PM6:00
レストラン  AM10:30~PM4:00
駐車場 103台
[PR]
by cobalt2629 | 2011-04-22 00:03 | *佐伯市