タグ:城址・史跡 ( 7 ) タグの人気記事

九州の右端から左端へ   ②

オランダ商館の周りには、現在でも当時を思わせる史跡が残っています。

 オランダ井戸

商館跡地に石枠の井戸があり、飲料用とそれ以外のモノと大小
2つの石枠を組み合わせてできているそうです。

深さは8mありますが、海のすぐそばであるにも関わらず
海水の浸入は一切ないそうです。045.gif
a0189947_21242173.jpg



 オランダ塀

商館の敷地と町屋を隔てる塀で、防犯の目的で作られたそうです。
当時のままだそうで、砂岩を積み上げて漆喰で塗り固める方法で作られています。
a0189947_21245929.jpg



お腹が空いたなぁと思いながらも、午後3時。 
お昼ごはんには遅いし、今食べると夕ご飯が食べれないぃ~
と、フラフラ観光続行。 070.gif


 松浦史料博物館

オランダ商館設置期間の藩主邸跡にある博物館です。
石垣などは当時のままで、現在の建物は 「鶴ヶ峰邸」 といい、
明治26年に建てられたものだそうです。

a0189947_21252519.jpg


お腹がすいたぁぁぁ! 063.gif
敷地内にある「眺望亭」でシフォンケーキいただきますぅ
a0189947_21263910.jpg

コーヒーとともに、17世紀のクッキーを再現した 
「カネールクウク」というお菓子もいただきました。(写真右上)

a0189947_21254716.jpg

史料館というより、お屋敷に招かれたようです。
主な展示品のうち、貿易に関する史料は、「平戸オランダ商館」 へ移設された為、
こちらには、松浦藩が所有していた調度品等を見ることができます。

a0189947_2126653.jpg


江戸時代初期の幕府御用絵師 狩野探幽 の「狂い獅子屏風」
狩野派 狩野永徳の孫にあたる人で、平戸藩とのつながりが深かったそうです。

他にも、松浦藩の先駆け、松浦党の活動時代の史料や
江戸時代の大名家の調度品など、多くのものを見学することができます。

面白いのが、鎧試着体験というものがあり、
実物と同じように作られた鎧を着て記念写真を撮ることができます。
もちろん、撮りましたよぉ~! 結構おもしろいです。 003.gif


敷地内にある、茶室閑雲亭。
茶道鎮信流という流派をつくるほど、茶道に親しんだ松浦藩。
a0189947_21262425.jpg

有料ですが、お抹茶をいただくこともでします。 


松浦史料博物館
長崎県平戸市鏡川町12
0950-22-2236
開館時間    AM8:00~PM5:30
入館料      500円



 寺院と教会の見える風景
a0189947_212767.jpg

平戸を紹介する、紙媒体やテレビ番組などに必ず出てくる風景です。
寺院に重なるように、天主堂の尖塔が見える場所、
なんとも不思議な感じがする風景です。

この辺りには、石畳の階段や坂道があり、「古都平戸」を感じさせる
静かな散歩道が続いています。 056.gif
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-12 21:23 | *201111長崎(平戸)

九州の右端から左端へ   ①

何かと、フライング的なところがあるうちの母。
TVの情報を鵜呑みにし、訪ねたところがまだ未完成ってなことがよくあります。

そんな母が、そろそろ行っても大丈夫でしょう?と言い出した平戸への旅。
寒くなる前に行こうということになりまして、ついでに 「クエ」 の季節到来!
コラーゲン摂取!と、目的がいろいろ発生する、よくばりな旅へ


 道の駅 原鶴

大分ICから通勤割引で行けるギリギリのICが “杷木”。
ここが最寄の道の駅へ寄り道。

杷木は筑後川水系にあり、福岡県内では果物の産地で有名です。
で、今が旬の “柿” が ところ狭しと売られています。
a0189947_21161940.jpg

自宅用はもちろん、贈答用の高級品まで、いろんな柿がぁ~056.gif

とりあえず、先が長いのでとっとと買い物を済ませ
再び高速道路を走ります


 金立サービスエリア
佐賀・長崎方面に行くときは、必ずトイレ休憩に寄ります。
ここは、練り物の種類が豊富で、いつも楽しみにしています。

で、今日は “めいたいこ天” にしてみました。
ピリっと辛くておいしいですぅ~!
a0189947_21163131.jpg


で、とりあえずまだまだ先が長いので、また高速を走ります。
ガっ、高速道路を走っているのに、カーナビに道がない・・・いつ完成したんだよぉ~071.gif

あいにくの曇り空ですが、無事到着しました。

 平戸城

最初に建てたのは 松浦 鎮信(まつらしげのぶ)。
立地的に、3方向を海で囲まれた、天然の要塞です。
なので、天守閣からの眺めがとてもすばらしいぃ~!

a0189947_21171416.jpg


結構、いろんなお城を見ましたが、ここも遠くからはお城の
姿が見えるのに、いざお城に登ろうと思うと
門からは一切見えません。

これは、敵が攻めて来た時の為に、わざと複雑にするんだそうです。

a0189947_2117044.jpg



平戸のシンボル、平戸大橋も見えます。
ああぁ~、、、さっき渡ったなぁ。
この橋を見ると、平戸が 「島」 であることを認識します。

a0189947_21173373.jpg


「黒子島」。
国の天然記念物として登録されている、原生林の島だそうで、
一般の人の立ち入りが制限されるほどです。

a0189947_21174675.jpg


地元の大分県佐伯市には 「佐伯の殿様 浦でもつ」 という言葉があります。
これは、海産資源が豊富なことで、藩の財政が潤っていることを示します。
平戸の松浦藩も同様、海の幸で栄えた藩のひとつです。


平戸城
長崎県平戸市岩の上町1473
0950-22-2201
開館時間    AM8:30~PM5:30
入館料      500円




で、次なる目的地も松浦藩を支えたものかもしれません。

a0189947_21182842.jpg



 平戸オランダ商館

1550年にポルトガル船が平戸へ初めて来航します。
その後、貿易拠点が長崎の出島に移るまでの 約90年間
平戸は 「西の都フィランド」 とヨーロッパでいわれていたそうです。

この石造倉庫は1639年に築造されますが、
江戸幕府により、西暦年号を建物にしようしていることを理由に
破壊を余儀なくされました。
以来、当時最大の貿易拠点が今年、370年余り経って 再建されました。

a0189947_21185734.jpg


館内には、貿易品や航海図、帆船の模型や装飾品など
たくさんの所蔵品がありますが、如何せん、できたばかりの資料館なので
人が多くて見れたもんじゃない・・・

しかも、写真撮影 × だろうと思っていたら、フラッシュ撮影のみ禁止だそうで。。。


a0189947_21191258.jpg


3Fの窓の上に付いてるものは、荷物を2Fに運び込む為の滑車が収納されています。

この商館、建築物的にも当時の作り方を再現しているそうで、
建物中央に約50cm四方の柱が、1Fに11本並び、2Fには10本並んでいます。
これは、オランダ様式をとりいれた建築方法だそうです。

50cm四方の柱は、巨大な木材から作られていて、
樹齢700年相当のものを使用しているそうです。

ゆっくり見たかったのですが、叶わず。
また来るにしては、遠すぎて・・・来れるかなぁ・・・


平戸オランダ商館
長崎県平戸市大久保町2477
0950-26-0636
開館時間    AM8:30 ~ PM5:30
入館料     300円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-10 21:05 | *201111長崎(平戸)

台湾one ④

 行天宮

台湾はお寺が多いです。島国だからかもしれませんが、
「媽祖様」(航海・漁業の神様)をお祀りしているお寺が多い中、
このお寺は、関羽帝を中心に五恩主と呼ばれる人たちを祀るお寺です。

a0189947_22162859.jpg

歴史はあまり長くないようで、1943年に創建した 行天堂が起源で
その後、2度移転し現在の地にあります。

a0189947_22164739.jpg


台湾のお寺は、お年寄りだけでなく、若者がたくさんいます。
ガイドさんがいうには、日々の生活の中で、迷うことがあれば
誰もが必ず訪れるそうです。
日本では考えられないくらい、信心深いです。
a0189947_22171232.jpg

昨日の龍山寺同様、建物の装飾がとても豪華です。


 九份

途中、お決まりのお土産屋さんに連行され、ウーロン茶やジャスミン茶を買い
バスにゆられて着いたのは、九份。

元々は、山間の寒村に過ぎませんでしたが、
19世紀末に金が採掘されたことから、発展していきました。
日本統治下に最盛期をむかえ、戦後は採掘量が減り 1971年閉山しました。

a0189947_2218245.jpg

日本家屋に似た建物が多く、「千と千尋の神隠し」のモデルになった
町としても、有名です。

とまぁ、ここまでが普通の解説なのですが、実際現地に行くと
ここも人が多い、当然大陸人が・・・もう慣れちゃいましたけど・・・
a0189947_22174743.jpg


あと、漂ってくる「臭豆腐」のにおいが尋常じゃないくらい クサイです。
これは、なかなか慣れません。
台湾を訪れたことのある人で、「臭豆腐」をおいしいという人がいたら出会ってみたい!

山の斜面に沿うように店が立ち並びます。

a0189947_22184385.jpg

同じお店でも、昼と夜とでは、こんなに雰囲気が違います。
ノズタルジックっていうのは、こんな感じなのでしょうか?
a0189947_2219256.jpg

日本の旅行会社がツアーに必ず入れる理由はコレなのかなぁ~
ガイドさんは、最近日本人の若い女性が増えましたと
おっしゃっていましたが、確かに(若くないですが)ウットリです。

a0189947_2219218.jpg

が!如何せん観光地。人が多くて道が狭い。
すれ違うのも、写真を撮るのも大変です。

a0189947_22193836.jpg


九份からホテルに戻り、さて、パッキング開始です!
[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-30 22:15 | *201110台北

台湾one  ② 

◆ 中正記念堂

台湾に来たら、必ず訪れる観光スポットで、
台湾(中華民国)の初代総統、蒋介石の功績を称える建物です。

a0189947_21205342.jpg


建物も巨大ですが、中にある「蒋介石」の坐像も、むちゃくちゃ巨大です。
坐像を撮らないで、天井を撮っちゃうってのも・・・どうなの?
a0189947_21213533.jpg


敷地は、25万平米あり、コンサートホールや、オペラやミュージカルが行われる
劇場があります。
「浜崎あゆみ」のコンサートもここであります~なんて、どうでも良い情報を
ガイドさんにしてもらいつつ。。。

知らず知らずに下ってしまったこの階段。
89段あるそうで、蒋介石の享年と同じ数なのだそうですって、
これもあまりすごい情報ではなく・・・
a0189947_2122233.jpg


夕食に行く前に、一度ホテルへ

 圓山大飯店

中国建築が目をひく、誰もが1度は写真で見たことがあるホテル。
開業当初は、中華民国一のホテルということから
外国語のサービスを一切行っていなかったという、高飛車(?)なホテルですが
今は、日本語バリバリ通じます001.gif

建物は、古いし、部屋も古さはありますが
さすが、台湾一を誇るだけあって、ロビーは圧巻です005.gif
a0189947_21222869.jpg


夕ご飯は「梅子」という日本人ちっくな名前の店でしたが
如何せん、修学旅行生(多分200人以上いたと思う)に囲まれ
食べた心地が全くしない。
お店の外に出ると、ごらんの渋滞。何が起こってるんだと思いきや
普通なのだそうです。  イヤだわ、田舎モノで008.gif

a0189947_2123019.jpg


夕食後は師大夜市へ
車窓から見てしまった・・・原付の大群。
台湾では、2人乗りはあたり前。子供を含めて、3人4人と
まるで曲芸のような原付乗りの方々がいらっしゃるそうで・・・恐ろしい071.gif
a0189947_21232348.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-10-24 21:19 | *201110台北

The お盆Ⅱ ☆せんせー!

勤務先のお盆休みは5日。
昨年は、母方の祖母の初盆があり、伯父の住む奈良へ行きましたが、
今年は父方 母方、平等に墓参りができます。

というわけで、盆の送りは母方の里、中津市へ。


 福澤諭吉旧居

中津市は、壱万円札の里 というお菓子があるくらい有名な
福澤諭吉先生のふるさとです。
ふるさとと言っても、生まれは大阪で、父親が亡くなったあとに
中津に移り住んだそうです。

a0189947_22543679.jpg


子供の頃からアイデアマンだったようで
↓の天井から吊り下がっているものは棚らしく、ねずみの害にあわぬようと
  取り付けたものだそうです。

a0189947_22551071.jpg


中津藩は、とても封建的だった為、身分格差がきびしく
先生はそのことをあまり良く思っていなかったようです。

a0189947_23424982.jpg


いまでこそ、自然を守る活動は世界規模ですすんでいますが、
明治時代、中津市耶馬渓町の青の洞門が通っている「競秀峰」一帯が
売りに出されたとき、その土地を少しずつ購入し、今の景観を残す活動を
したのも福澤先生だといわれています。

a0189947_2314022.jpg


隣接する「福澤記念館」は、今年の4月にリニューアルオープンし
先生ゆかりの品など展示されています。
広くはありませんが、最近のTVドラマ “仁” で活躍する「緒方洪庵」なんて名前もあり
見ごたえ十分です。


◆ 福澤諭吉旧居 ・ 福澤記念館
大分県中津市留守居町586
0979-25-0063
開館時間   8:30~17:00 (入館受付16:30まで)
入館料金   高校生以上  400円
         中学生以下  200円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-15 22:53 | *中津市

2011GW ② 鍋島藩のお城は平屋なのです

“はなわ”さんの歌ではないですが、SAGA=佐賀 は、これといって突出した
観光施設が乏しい 県 と思われがちですが・・・そんなことはない!

北は “おくんち” の唐津
東は 邪馬台国かもしれない 「吉野ヶ里遺跡」
西は 有田・伊万里など焼物天国
南は 有明海の海の幸

などなど、実は 魅力的なものがたくさんあります。 058.gif

佐賀城本丸歴史館

a0189947_10425356.jpg


実際の佐賀城は、5層の天守がありましたが、度重なる火災により再建されなかった
そうです。
なので、現在は、鯱の門、石垣が残っていて、
本丸御殿(お殿様の生活の拠点)が、平成16年に復元されています。

a0189947_10431699.jpg


で、入場料が無料のお城も、他にはないんじゃないでしょうか・・・
システム的には、満足の度合いによって、寄付金をってことだそうです。

私的には、国内初の「反射炉断面模型」ってのが、とても興味をそそりました。
反射炉ってのは、金属融解炉の一種で、かんたんに言えば金属を溶かす建造(?)物です。

江戸時代にこんなものを作れるなんて、佐賀藩ってやっぱ金持ちぃ 066.gif





佐賀県立佐賀城本丸歴史館
〒840-0041 佐賀市城内2-18-1
Tel 0952-41-7550
AM9:30~PM6:00
年中無休(但し、12月29日~31日は休館)
[PR]
by cobalt2629 | 2011-05-08 17:20 | *201105佐賀~熊本

葉桜の季節に君を想うということ ①

「葉桜の季節に君を想うということ」  歌野晶午著

大好きな小説です。


で、今日のブログにはほとんど関係ないのですが・・・023.gif

桜の季節には毎年必ず、福岡県朝倉市の秋月城址に行きます。
a0189947_2037189.jpg

一足遅かった為に、ほぼ散っていましたが、
桜吹雪がとてもキレイ☆に舞っていました。


秋月の歴史は1203年鎌倉時代の初めから400年間、
秋月氏の領地として経過してきました。
室町時代になって秋月氏は周囲の領主と合戦を繰り返して領地を
拡張していきましたが、豊臣秀吉の天下統一に抵抗したため、
秋月の領地を没収され日向国高鍋に移されました。

その後、江戸時代になって黒田長興(ながおき)が領主となり、
秋月に城を築き城下町をつくりました。

黒田氏の秋月藩は、江戸時代が終わるまで約250年続きましたが、
明治時代に入って秋月藩がなくなると、人口が急速に減り家屋敷も壊されて
衰退していきました。

現在では「筑前の小京都」といわれ、史跡や景観が観光地として脚光を浴び
多くの人が秋月を訪れるようになりました。


特に、秋月城址周辺は、杉の馬場を始め、黒門など四季折々の自然の美しさを
堪能することができます。013.gif


a0189947_20563466.jpg
a0189947_2057443.jpg


黒門をくぐり、石造りの階段をエッチラホッチラと、おばあちゃん並みにユルユル上って
いくと垂裕(すいよう)神社を参詣できます。

大きな神社ではありませんが、木々に囲まれ静かに佇んでいます。026.gif


お城は今では秋月中学校になっていますが、その前の通りが杉の馬場です。
昔は武士たちの馬術の稽古に使われたので馬場と呼ばれました。

江戸時代には道の両側に杉の並木がありましたが、
明治時代になって町の人の手で桜の木が植えられたそうです。 045.gif

a0189947_218119.jpg



杉の馬場の両側には、いろんなお店が並んでいます。
中でも、おすすめのお店が・・・

a0189947_21165335.jpg

シフォンケーキや和菓子を販売しているお店です。
いつ行っても、お客さんがあふれています。067.gif

◆ 菓秀 桜
住所 福岡県朝倉市秋月60
TEL: 0946-25-1619
FAX: 0946-22-2483

a0189947_21171846.jpg

草木染めのお店です。桜染めという日本で唯一の染物の工房があります。
淡いピンクのスカーフが店内にたくさん並んでいました。056.gif

◆ 株式会社工房夢細工
住所 福岡県朝倉市秋月野鳥708-6
TEL 0946-25-0273
FAX 0946-25-0277
営業時間 AM9:30~PM17:00
定休日 年末年始  


秋月郷土館
秋月藩の上級武士だった「戸波家」の屋敷地と藩の学校「稽古館」の跡地にある
郷土美術館・歴史資料館です。

資料館には、秋月を治めた黒田氏に関する資料があります。
美術館には、横山大観や東山魁夷の絵画。藩主愛用の甲冑、刀剣などがあり
圧巻なのは、島原の乱の陣図屏風。じっくり見る価値ありです。
a0189947_21374982.jpg


戸波家の庭先には、小さな池があり、鯉が泳いでいます。
実は、馬場の横にお堀がありますが、あまりの水位の低さで
鯉を避難させているようです。。。
a0189947_21384917.jpg



◆ 秋月郷土館
福岡県朝倉市秋月野鳥532-2
TEL 0946(25)0405
開館:午前9時~午後5時
休館:年末と元日
料金:大人500円
    高校生300円
    小中生200円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-04-13 20:39 | *201104福岡(秋月)