タグ:国内旅行 ( 41 ) タグの人気記事

九州の右端から左端へ   ④

・・・寝すぎましたぁ・・・頭がぼんやりですぅ 025.gif

寝起きにお風呂ぉ!
「水族館大浴場 龍宮」
a0189947_17394898.jpg

(平戸海上ホテルHPより拝借)
水槽ですぅ。しかも、回遊水槽です。
見てるのか、見られてるのか・・・とりあえず、ウミガメ3匹見たので良かったです。

朝食は、バイキングですが、これまた海の幸満載で、
昨日、あれだけ食べたのに、またしても、タラフクいただきました。


 平戸ザビエル記念教会

昨日、お寺の上にちょこっとだけ見えていた教会です。
長崎県は「カクレキリシタン」が多かった地でもあります。
立地的に、複雑なので隠れるには適した土地だったのかもしれません。
a0189947_21355581.jpg

教会内部は、当然日々礼拝で使われていますから
入り口までしか入れません。  (ホントは撮影もNGだったのかも・・・)

ヒンヤリして、とても異空間な感じがしました。
a0189947_21361153.jpg



平戸ザビエル記念教会
長崎県平戸市鏡川町269
0950-22-4111
AM9:00~PM7:00




 西高野山 最教寺

平戸の街から、赤い塔が見えてまして、
あれは行って見なくてはいけないなぁと、立ち寄ったら
こんな大きな 涅槃像 に会いました。
a0189947_21365173.jpg

「自分の悪い所と同じ部分を撫でると良くなるよぉ~」
と言われ、子供の頃は頭を触っていましたが
最近は、腰をさすってしまう。。。かなしぃ。。。

a0189947_21371026.jpg

苔むした参道の脇には、たくさんの石仏があります。
とても静かなところです。
a0189947_21374839.jpg

「根本大塔」という 国内最大規模の三重の塔です。
中は、地下1階から地上3階まであります。

とても、興味深いのは、地下1階の 「胎蔵界巡り」 です。 お寺さんの説明では
 「私たちが生まれる前の暗黒の世界で、かすかな御仏の光によって
  衆生救済の可能性を示す。」
ということなのだそうですが・・・
マジ真っ暗! 階段部分だけ 感知式のライトはあるのですが
そこ以外は、何が何だかさっぱりわかりません。
なので、壁に手を付けて進んでいかなければなりません。

でも、最後に光が見えた時の安心感は。。。御仏のおかげです。。。

a0189947_2138851.jpg



西高野山 最教寺
長崎県平戸市岩の上町1206-1
0950-22-2669
AM8:30~PM5:00
拝観料   大人400円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-14 21:35 | *201111長崎(平戸)

九州の右端から左端へ   ③

本日のお宿
 
 平戸海上ホテル
じゃらんnet で 口コミが良かったので選びました。
事前に、先方の都合で グレードアップということで・・・

どぉ~ん!と、広いお部屋に案内されまして、母と2人では広過ぎですぅ  
a0189947_21305589.jpg


部屋のお風呂から海が一望できます、さすが海上ホテル 072.gif
が、大浴場が2箇所もあるので入りませんでした。
a0189947_2131118.jpg


ご飯の前に、一風呂!
a0189947_15323240.jpg

(平戸海上ホテルHPより拝借)

 海望露天風呂
 海とつながっている様な露天風呂です。
 入った時間が、既に日没後だったので、真っ暗 057.gif
 でも、行き交う船のライトが、とても風情があって楽しめました。


お待ちかねぇ♪ 夕ご飯の時間です。

なんと豪華に、個室に通されました。
前菜は、海の幸満載 053.gif 
珍しい、クジラもいただきました。
a0189947_21313094.jpg

お刺身ぃ~058.gif ヒラメがいます。 ヒラメ!
淡白なお味で、ポン酢でいただきます。 うぅ~ん、フグに匹敵するかもぉ 071.gif
こんなにあって、2人前です。メインが食べられるんでしょうか???
a0189947_21314773.jpg

で、こちら 「あら鍋コース」 のメイン。 アラちゃんです053.gif

“あら”は、九州では “クエ”と呼ばれています。
九州場所が始まると、お相撲さんがこぞって食べるといわれるほどです。
この“あら”ちゃん、身と皮の間に、プルプルのゼラチン質。
これが、美肌成分コラーゲン様ですぅ。
明日の朝は、顔がテカテカかもぉ~ と言いながらいただきます。
 
a0189947_2132247.jpg

他にも、茶碗蒸しや平戸牛、椀物などなど、出るわ出るわ・・・
で、〆は鯛茶漬け。もぉ食べれませ~ん。012.gif

a0189947_21321888.jpg

と言いつつ、完食いたしました。
口からぴゅぅっと出そうです


お土産を物色しながら、明日買うものを品定め。
あれやこれや考えながら、お部屋へ戻ります。

母が 「いのししてい」 と読んだ、「なぎさてい」で就寝します・・・
a0189947_213233100.jpg

って、まだ9:30でした。。。当然、夜中の2時に目が覚めてしまいました。008.gif


平戸海上ホテル
長崎県平戸市大久保町2231-3
0950-22-3800
(立ち寄り湯もあります)
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-13 21:29 | *201111長崎(平戸)

九州の右端から左端へ   ②

オランダ商館の周りには、現在でも当時を思わせる史跡が残っています。

 オランダ井戸

商館跡地に石枠の井戸があり、飲料用とそれ以外のモノと大小
2つの石枠を組み合わせてできているそうです。

深さは8mありますが、海のすぐそばであるにも関わらず
海水の浸入は一切ないそうです。045.gif
a0189947_21242173.jpg



 オランダ塀

商館の敷地と町屋を隔てる塀で、防犯の目的で作られたそうです。
当時のままだそうで、砂岩を積み上げて漆喰で塗り固める方法で作られています。
a0189947_21245929.jpg



お腹が空いたなぁと思いながらも、午後3時。 
お昼ごはんには遅いし、今食べると夕ご飯が食べれないぃ~
と、フラフラ観光続行。 070.gif


 松浦史料博物館

オランダ商館設置期間の藩主邸跡にある博物館です。
石垣などは当時のままで、現在の建物は 「鶴ヶ峰邸」 といい、
明治26年に建てられたものだそうです。

a0189947_21252519.jpg


お腹がすいたぁぁぁ! 063.gif
敷地内にある「眺望亭」でシフォンケーキいただきますぅ
a0189947_21263910.jpg

コーヒーとともに、17世紀のクッキーを再現した 
「カネールクウク」というお菓子もいただきました。(写真右上)

a0189947_21254716.jpg

史料館というより、お屋敷に招かれたようです。
主な展示品のうち、貿易に関する史料は、「平戸オランダ商館」 へ移設された為、
こちらには、松浦藩が所有していた調度品等を見ることができます。

a0189947_2126653.jpg


江戸時代初期の幕府御用絵師 狩野探幽 の「狂い獅子屏風」
狩野派 狩野永徳の孫にあたる人で、平戸藩とのつながりが深かったそうです。

他にも、松浦藩の先駆け、松浦党の活動時代の史料や
江戸時代の大名家の調度品など、多くのものを見学することができます。

面白いのが、鎧試着体験というものがあり、
実物と同じように作られた鎧を着て記念写真を撮ることができます。
もちろん、撮りましたよぉ~! 結構おもしろいです。 003.gif


敷地内にある、茶室閑雲亭。
茶道鎮信流という流派をつくるほど、茶道に親しんだ松浦藩。
a0189947_21262425.jpg

有料ですが、お抹茶をいただくこともでします。 


松浦史料博物館
長崎県平戸市鏡川町12
0950-22-2236
開館時間    AM8:00~PM5:30
入館料      500円



 寺院と教会の見える風景
a0189947_212767.jpg

平戸を紹介する、紙媒体やテレビ番組などに必ず出てくる風景です。
寺院に重なるように、天主堂の尖塔が見える場所、
なんとも不思議な感じがする風景です。

この辺りには、石畳の階段や坂道があり、「古都平戸」を感じさせる
静かな散歩道が続いています。 056.gif
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-12 21:23 | *201111長崎(平戸)

九州の右端から左端へ   ①

何かと、フライング的なところがあるうちの母。
TVの情報を鵜呑みにし、訪ねたところがまだ未完成ってなことがよくあります。

そんな母が、そろそろ行っても大丈夫でしょう?と言い出した平戸への旅。
寒くなる前に行こうということになりまして、ついでに 「クエ」 の季節到来!
コラーゲン摂取!と、目的がいろいろ発生する、よくばりな旅へ


 道の駅 原鶴

大分ICから通勤割引で行けるギリギリのICが “杷木”。
ここが最寄の道の駅へ寄り道。

杷木は筑後川水系にあり、福岡県内では果物の産地で有名です。
で、今が旬の “柿” が ところ狭しと売られています。
a0189947_21161940.jpg

自宅用はもちろん、贈答用の高級品まで、いろんな柿がぁ~056.gif

とりあえず、先が長いのでとっとと買い物を済ませ
再び高速道路を走ります


 金立サービスエリア
佐賀・長崎方面に行くときは、必ずトイレ休憩に寄ります。
ここは、練り物の種類が豊富で、いつも楽しみにしています。

で、今日は “めいたいこ天” にしてみました。
ピリっと辛くておいしいですぅ~!
a0189947_21163131.jpg


で、とりあえずまだまだ先が長いので、また高速を走ります。
ガっ、高速道路を走っているのに、カーナビに道がない・・・いつ完成したんだよぉ~071.gif

あいにくの曇り空ですが、無事到着しました。

 平戸城

最初に建てたのは 松浦 鎮信(まつらしげのぶ)。
立地的に、3方向を海で囲まれた、天然の要塞です。
なので、天守閣からの眺めがとてもすばらしいぃ~!

a0189947_21171416.jpg


結構、いろんなお城を見ましたが、ここも遠くからはお城の
姿が見えるのに、いざお城に登ろうと思うと
門からは一切見えません。

これは、敵が攻めて来た時の為に、わざと複雑にするんだそうです。

a0189947_2117044.jpg



平戸のシンボル、平戸大橋も見えます。
ああぁ~、、、さっき渡ったなぁ。
この橋を見ると、平戸が 「島」 であることを認識します。

a0189947_21173373.jpg


「黒子島」。
国の天然記念物として登録されている、原生林の島だそうで、
一般の人の立ち入りが制限されるほどです。

a0189947_21174675.jpg


地元の大分県佐伯市には 「佐伯の殿様 浦でもつ」 という言葉があります。
これは、海産資源が豊富なことで、藩の財政が潤っていることを示します。
平戸の松浦藩も同様、海の幸で栄えた藩のひとつです。


平戸城
長崎県平戸市岩の上町1473
0950-22-2201
開館時間    AM8:30~PM5:30
入館料      500円




で、次なる目的地も松浦藩を支えたものかもしれません。

a0189947_21182842.jpg



 平戸オランダ商館

1550年にポルトガル船が平戸へ初めて来航します。
その後、貿易拠点が長崎の出島に移るまでの 約90年間
平戸は 「西の都フィランド」 とヨーロッパでいわれていたそうです。

この石造倉庫は1639年に築造されますが、
江戸幕府により、西暦年号を建物にしようしていることを理由に
破壊を余儀なくされました。
以来、当時最大の貿易拠点が今年、370年余り経って 再建されました。

a0189947_21185734.jpg


館内には、貿易品や航海図、帆船の模型や装飾品など
たくさんの所蔵品がありますが、如何せん、できたばかりの資料館なので
人が多くて見れたもんじゃない・・・

しかも、写真撮影 × だろうと思っていたら、フラッシュ撮影のみ禁止だそうで。。。


a0189947_21191258.jpg


3Fの窓の上に付いてるものは、荷物を2Fに運び込む為の滑車が収納されています。

この商館、建築物的にも当時の作り方を再現しているそうで、
建物中央に約50cm四方の柱が、1Fに11本並び、2Fには10本並んでいます。
これは、オランダ様式をとりいれた建築方法だそうです。

50cm四方の柱は、巨大な木材から作られていて、
樹齢700年相当のものを使用しているそうです。

ゆっくり見たかったのですが、叶わず。
また来るにしては、遠すぎて・・・来れるかなぁ・・・


平戸オランダ商館
長崎県平戸市大久保町2477
0950-26-0636
開館時間    AM8:30 ~ PM5:30
入館料     300円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-11-10 21:05 | *201111長崎(平戸)

あぁ麗しの東京国立科学博物館 ①

今年の1月に、初めて 「東京国立科学博物館」 に行って以来、
この博物館の虜になってしまいました。

で、この度は なっなんと! 「恐竜博
行かずにはいられなぁ~いい 053.gif
a0189947_23364586.jpg


カマラサウルス
a0189947_23363142.jpg

ジュラ紀の代表的な草食恐竜。
よくある、水辺にいる首としっぽが長い、大きな恐竜(ブラキオサウルス)の仲間です。

アロサウルス
a0189947_23365816.jpg

ジュラ紀の肉食恐竜です。
T-rex の仲間ですが、比較すると前足(手)が大きいように思います。

始祖鳥
a0189947_23371145.jpg

最古の鳥類です。

会場では 「アンキオルニス」という羽毛恐竜で (恐竜と鳥類の中間)
最近になって、羽毛の色が分かるようになったらしく、
恐竜博でも、きれいな羽のイラストが描かれていました。

 ハプロケイルス
a0189947_23372623.jpg

鳥類が恐竜から進化したことを示す恐竜です。
羽が前足(手)になっているイラストが、とても印象的です。
中国内陸部新彊ウイグル自治区で発見され、今回日本初公開です、感動ぉ 072.gif


トリケラトプス
a0189947_23374395.jpg

ご存知、白亜紀を代表する草食恐竜です。
恐竜に全く興味がない人でも知ってると思います。
色は、グリーンで表されますが、ホントにそんな色だったのかは???

あたまの周りにある襟巻き(フリル)は、他の恐竜に対する威嚇用や、
首を守る為の防御用など諸説あるようです。
a0189947_2338279.jpg

トリケラトプスの名前の由来は 「3本の角を持つ顔」 なのだそうです。

ティラノサウルス

a0189947_23382121.jpg

王様です、王様。
何はともあれかっこいい 038.gif

が、実は驚くべきは、ティラノサウルスの頭には 毛 が生えていた
らしいのですが・・・画像で見ると何とも、モヒカンのような・・・ 微妙にかっこ悪い

a0189947_23385229.jpg

白亜紀最強対決!
ティラノサウルスは待ち伏せの体勢なのだそうです。。。
この姿勢から立ち上がるのに、役立つのが小さな前脚なのだそうで・・・
まさに、「よっこらしょっ」 状態なのではないでしょうか???

ニジェールサウルス

a0189947_23391153.jpg

骨格からわかるように、ちょっと変な顔です。
草食恐竜なんですが、草を食むというよりは、高い木の葉を根こそぎ食べちゃう
ような、まるで芝刈り機のようだったそうです。

で、当然、歯も特殊ですごい勢いで抜け替わるので、
予備の歯も含めると、500本もはえていたそうです。。。すごっ


しかし、人多すぎ!
しかも、なかなか移動してくれないので、展示品までたどり着けづ。。。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-21 23:34 | *201109東京

夏の終わりの避暑 ⑧

南阿蘇の町ともお別れです。
途中、高原トマトを売るお店に立ち寄りました。
ヤギがたくさんいて、癒されました。 

a0189947_23253179.jpg


阿蘇山に上ると、カルデラの地形がよくわかります。
カルデラは、大きな火山が噴火し、山の中にあるいろんなものを
噴出したあげく、山中腹より上が陥没し、その窪地の真ん中に
当初あった山の頂上がある状態だと思っていただければわかると思います。

a0189947_23255320.jpg


外輪山の北側には植林された杉の林がありますが
それ以外は、体積した火山灰の影響で、ススキなどの植物しか自生していません。
この草原は牛や馬の放牧や野焼きにより保たれています。

a0189947_2326866.jpg


世界中、いろんなカルデラがありますが、
カルデラの内側に農地を作り、人が定住し、なおかつ
国道や鉄道まで作られているのは、阿蘇地域だけなのだそうです。
言われてみれば、火山の中に住んでるのと同じですからねぇ。。。027.gif
a0189947_232623100.jpg


しかし、暑い!
雲は高いところにあり、秋っぽいのですが、気温は上昇中です058.gif
a0189947_23264139.jpg


あまりにも有名な 「草千里ケ浜」
元々は、火口だったところで、直径約1kmの草原です。
春から秋にかけて、乗馬が楽しめ、冬には右側の池に氷がはり
スケートを楽しむことができます。
a0189947_23273271.jpg


今年の夏は、昨年以上に暑かった気がします。
震災の影響で、阿蘇周辺の観光客も、国内外問わず、随分少なくなったそうです。
これから、秋になり紅葉の季節になりますが
ボチボチ人が増えてくるといいなあ・・・

経済底上げ!
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-20 23:24 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ⑦

南阿蘇村は、カルデラ地形の中に位置する為、
外輪山に降った雨が、湧き水となって、村のいたるところから
湧き出てきます。

中でも一番有名なのが

 白川水源

a0189947_23223925.jpg

随分前からテレビなどの影響で、観光地化されています。
最近では、中国や韓国からのツアーにも含まれているらしく、
様々な言語の案内板があります。

a0189947_2323352.jpg

環境保全費として 100円払うと、飲み放題、汲み放題みたいです。
周りのお土産屋さんで、大小ペットボトルを販売しているので、手ぶらでも
大丈夫です。

a0189947_23232351.jpg

1分間に60トンもの水が地底の砂とともに、勢いよく湧き上がります。
沸騰したお湯さながら、ここまでボコボコ湧き出てるのを見るのは初めてです。

a0189947_23234926.jpg

水辺に来ると何となく足を入れずにはいられない性質なのですが、
ここはガマンガマン071.gif  さすがにヒンシュクです。

a0189947_23241038.jpg

平日の午前中なのに、観光客がたくさんです。
最近は、パワースポットとしても有名なのだそうです。

阿蘇山やその周辺の大地に降った雨が、約50年の時間をかけて
地上に湧き出ていることを考えると、パワースポットといわれるのが
分かるような気がします。


白川水源
熊本県南阿蘇村白川
0967-62-0318
AM8:00~PM6:00
環境保全費   100円
駐車場は近隣にたくさんあります。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-19 23:21 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ⑥

朝ごはんをガッツリいただき、朝風呂もしっかりいただき
チェックアウトしました。

2日目も、阿蘇の自然を満喫すべく、

 阿蘇野草園 


南阿蘇は、当然ながら阿蘇くじゅう国立公園内に位置します。
阿蘇山、カルデラ地形、広大な草原などなど、いろんな環境の中で育つ
植物を観察することができる施設です。056.gif

a0189947_23202226.jpg


山野草といわれる植物をあまり見る機会がないので
いったい何という花なのか、さっぱりわかりません。025.gif
a0189947_23204196.jpg


この阿蘇野草園は、約5ヘクタールの敷地に湿地や雑木林、牧草地などがあり、
野鳥、昆虫などたくさんのいきものも観察することができます。

a0189947_2321384.jpg


おぉ~栗です栗。 これはわかります 058.gif

a0189947_2321239.jpg


隣接する 「南阿蘇ビジターセンター」 には、
豊かな自然の中で営まれてきた人々の歴史や、暮らしを学ぶスペースもあります。


阿蘇野草園
 
阿蘇郡高森町大字高森3219

南阿蘇ビジターセンター
0967-62-0911
AM9:00~PM5:00
休館日   水曜日
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-17 23:16 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ⑤

本日のお宿

 白水温泉 竹の倉山荘

ネットで検索してて、 「全室露天風呂付」 の文字に惹かれ、
あと、口コミも良かったので予約しました。

阿蘇山の南側の麓にあるので、敷地全体に坂道が多いです。

a0189947_21494812.jpg


黒を基調にした、おしゃれなお宿です。

大浴場には、“寝湯”がありました。
遅い時間に母と2人、星空を見ながら湯船につかっていました。
さながら、トド2頭・・・
a0189947_21501496.jpg


大浴場から宿泊棟(本館)へつながる坂道。。。
結構キツイです。 お食事処へ行くのもこの坂道を歩きます。。。

a0189947_2150334.jpg


扇状にお部屋が並びます。
うるさいかなぁ~と思ったけど、裏の田んぼの稲刈りの音が気になったくらいで
とっても静かに過ごせました。
a0189947_21504923.jpg


部屋の露天風呂。
大きくはありませんが、十分です。お湯はかけ流し、24時間いつでも
入っていいです、ということだったので、3回も入りました、、、疲れる、逆に・・・
a0189947_2151393.jpg


部屋から見えるのは阿蘇の山と晩夏の空。
隣は田んぼで稲刈りの真っ最中です。
露天風呂の縁に立つと丸見えです。 025.gif
a0189947_21515615.jpg


夕ご飯をお食事処でいただきます。
ちびっこいっぱいで騒がしい026.gif  仕方ありませんが・・・

鶏三昧です。 
a0189947_21521332.jpg

熊本県特産の「天草大王」という地鶏を使った会席料理です。

マルパッチョ。臭みもなくとてもおいしくいただきました。
冬は鶏鍋もおいしそうです。 また泊まりたいですぅ。
a0189947_21523164.jpg


「夜食におにぎりをお持ちします」
と言われても、もう食べれなぁ~い 012.gif


白水温泉 竹の倉山荘

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中村2065
0967-67-2980
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-15 21:53 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ④

 阿蘇山 (阿蘇五岳)

多分、知らない人はいないと思う、日本を代表する活火山。
「火の国 熊本」 といわしめる、熊本No1の観光地です。

a0189947_21435325.jpg


現在噴煙を上げているのは、中岳第一火口。
幸い、水蒸気の雲がなく火口の中が、きれいに見えました。

ちょっと感動です038.gif
a0189947_21441898.jpg


中岳第一火口は、直径600メートル、深さ130メートルもあります。
この火口の底には水が溜まりマリンブルーのきれいな色をしています。
水とはいえ、超高温の熱湯なんでしょうが・・・
活発な活動期には湯溜まりは干上がるようです。

a0189947_21444379.jpg


周辺は溶岩がゴロゴロしており昔の噴火口がいくつも大きな口を開けています。
まるで月のクレーターのようです。

a0189947_2145564.jpg


こんな過酷な状況でも植物が育っています。
「イタドリ」 タデ科の植物で、確か食べられたような気がします・・・
スっぱかったような・・・

a0189947_21452692.jpg


「砂千里ケ浜」 有名な「草千里」 とは違った、人影もなく動物もいません。
実際、歩いてみると結構ズボっと埋まります。

a0189947_21454312.jpg


過去に、いろんな映画のロケ地として使われています。
確かに、こんなところ他にないですよね。

a0189947_21461522.jpg


噴火口まではロープウェイ、車、徒歩で行けます。
自動車は普通車で往復600円、ロープウェイは往復1,000円(片道 600円)、徒歩は無料です。

火口周辺には退避壕が立ち並んでいます。
これは突然に噴火した場合は、急いで避難する場所です。

結構火山性ガスは噴出しているらしく、健康に問題のある人は
火口付近に近づけないそうです。

a0189947_21464137.jpg


砂千里ケ浜の向こうに、高森町が見えます。
宮崎県との県境です。

阿蘇山の火砕流は、遠く宮崎県高千穂町や 大分県宇佐市まで流れています。
もし、今の時代に大噴火が起きたら・・・と思うと、やっぱりコワイですよね。
a0189947_2147372.jpg


しっかし、暑い!
高地なので涼しいかと思いきや、太陽に近いせいか、はたまた
活火山の上だからなのか、ジリジリしてきます。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-09-12 21:42 | *201109熊本(阿蘇)