夏の終わりの避暑 ⑥

朝ごはんをガッツリいただき、朝風呂もしっかりいただき
チェックアウトしました。

2日目も、阿蘇の自然を満喫すべく、

 阿蘇野草園 


南阿蘇は、当然ながら阿蘇くじゅう国立公園内に位置します。
阿蘇山、カルデラ地形、広大な草原などなど、いろんな環境の中で育つ
植物を観察することができる施設です。056.gif

a0189947_23202226.jpg


山野草といわれる植物をあまり見る機会がないので
いったい何という花なのか、さっぱりわかりません。025.gif
a0189947_23204196.jpg


この阿蘇野草園は、約5ヘクタールの敷地に湿地や雑木林、牧草地などがあり、
野鳥、昆虫などたくさんのいきものも観察することができます。

a0189947_2321384.jpg


おぉ~栗です栗。 これはわかります 058.gif

a0189947_2321239.jpg


隣接する 「南阿蘇ビジターセンター」 には、
豊かな自然の中で営まれてきた人々の歴史や、暮らしを学ぶスペースもあります。


阿蘇野草園
 
阿蘇郡高森町大字高森3219

南阿蘇ビジターセンター
0967-62-0911
AM9:00~PM5:00
休館日   水曜日
[PR]
# by cobalt2629 | 2011-09-17 23:16 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ⑤

本日のお宿

 白水温泉 竹の倉山荘

ネットで検索してて、 「全室露天風呂付」 の文字に惹かれ、
あと、口コミも良かったので予約しました。

阿蘇山の南側の麓にあるので、敷地全体に坂道が多いです。

a0189947_21494812.jpg


黒を基調にした、おしゃれなお宿です。

大浴場には、“寝湯”がありました。
遅い時間に母と2人、星空を見ながら湯船につかっていました。
さながら、トド2頭・・・
a0189947_21501496.jpg


大浴場から宿泊棟(本館)へつながる坂道。。。
結構キツイです。 お食事処へ行くのもこの坂道を歩きます。。。

a0189947_2150334.jpg


扇状にお部屋が並びます。
うるさいかなぁ~と思ったけど、裏の田んぼの稲刈りの音が気になったくらいで
とっても静かに過ごせました。
a0189947_21504923.jpg


部屋の露天風呂。
大きくはありませんが、十分です。お湯はかけ流し、24時間いつでも
入っていいです、ということだったので、3回も入りました、、、疲れる、逆に・・・
a0189947_2151393.jpg


部屋から見えるのは阿蘇の山と晩夏の空。
隣は田んぼで稲刈りの真っ最中です。
露天風呂の縁に立つと丸見えです。 025.gif
a0189947_21515615.jpg


夕ご飯をお食事処でいただきます。
ちびっこいっぱいで騒がしい026.gif  仕方ありませんが・・・

鶏三昧です。 
a0189947_21521332.jpg

熊本県特産の「天草大王」という地鶏を使った会席料理です。

マルパッチョ。臭みもなくとてもおいしくいただきました。
冬は鶏鍋もおいしそうです。 また泊まりたいですぅ。
a0189947_21523164.jpg


「夜食におにぎりをお持ちします」
と言われても、もう食べれなぁ~い 012.gif


白水温泉 竹の倉山荘

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中村2065
0967-67-2980
[PR]
# by cobalt2629 | 2011-09-15 21:53 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ④

 阿蘇山 (阿蘇五岳)

多分、知らない人はいないと思う、日本を代表する活火山。
「火の国 熊本」 といわしめる、熊本No1の観光地です。

a0189947_21435325.jpg


現在噴煙を上げているのは、中岳第一火口。
幸い、水蒸気の雲がなく火口の中が、きれいに見えました。

ちょっと感動です038.gif
a0189947_21441898.jpg


中岳第一火口は、直径600メートル、深さ130メートルもあります。
この火口の底には水が溜まりマリンブルーのきれいな色をしています。
水とはいえ、超高温の熱湯なんでしょうが・・・
活発な活動期には湯溜まりは干上がるようです。

a0189947_21444379.jpg


周辺は溶岩がゴロゴロしており昔の噴火口がいくつも大きな口を開けています。
まるで月のクレーターのようです。

a0189947_2145564.jpg


こんな過酷な状況でも植物が育っています。
「イタドリ」 タデ科の植物で、確か食べられたような気がします・・・
スっぱかったような・・・

a0189947_21452692.jpg


「砂千里ケ浜」 有名な「草千里」 とは違った、人影もなく動物もいません。
実際、歩いてみると結構ズボっと埋まります。

a0189947_21454312.jpg


過去に、いろんな映画のロケ地として使われています。
確かに、こんなところ他にないですよね。

a0189947_21461522.jpg


噴火口まではロープウェイ、車、徒歩で行けます。
自動車は普通車で往復600円、ロープウェイは往復1,000円(片道 600円)、徒歩は無料です。

火口周辺には退避壕が立ち並んでいます。
これは突然に噴火した場合は、急いで避難する場所です。

結構火山性ガスは噴出しているらしく、健康に問題のある人は
火口付近に近づけないそうです。

a0189947_21464137.jpg


砂千里ケ浜の向こうに、高森町が見えます。
宮崎県との県境です。

阿蘇山の火砕流は、遠く宮崎県高千穂町や 大分県宇佐市まで流れています。
もし、今の時代に大噴火が起きたら・・・と思うと、やっぱりコワイですよね。
a0189947_2147372.jpg


しっかし、暑い!
高地なので涼しいかと思いきや、太陽に近いせいか、はたまた
活火山の上だからなのか、ジリジリしてきます。
[PR]
# by cobalt2629 | 2011-09-12 21:42 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ③

ご飯を食べた後は、ちょっとフライング気味のお土産さがし 037.gif

 阿蘇駅
建て替えられているぅ~!と母。
以前と比べると、格段におしゃれになったそうで、
周りの風景とも相まって、絵になります。
阿蘇周辺の観光の基点にもなるので、レンタカーやレンタサイクルもあります。
もちろん定期観光バスの発着地でもあるそうで、ここから阿蘇山へも行けます。
a0189947_2122015.jpg


 道の駅 阿蘇
阿蘇駅の隣にある かなり新しい道の駅です。
近隣農家から持ち込まれる、新鮮野菜に始まり、お土産品が所狭しと並んでいます。
馬刺しが魅力的・・・と思いましたが、道中まだ長いので、あきらめました。
a0189947_21222378.jpg

で、とりあえず珍しかったので買ってみた、
トマトジャム
a0189947_21305196.jpg

お友達へのお土産にしたので、お味は分かりませんが、、、色がきれいだなぁと見た目だけでのチョイスです。

道の駅阿蘇には ASO田園空間博物館 が併設されています。
阿蘇市の出先機関みたいなもので、観光情報を収集するにはもってこいの場所みたいです。
とはいえ、一瞬のぞいただけですが・・・

道の駅 阿蘇 
熊本県阿蘇市黒川1440-1
0967-35-5077
営業時間 9:00~18:00
休館日 無し



道の駅を後にして向かったのは、すぐ近くにあるお菓子屋さん

菓心 なかむら
探しましたよぉ~! カーナビってば、ホント不親切なんだからぁ~
国道から見えてるのに、たどり着けない・・・
a0189947_21224136.jpg


ショーケースのシュークリームやパイは、注文と同時に
クリームを注入していただけるそうです。 おいしそう 003.gif
a0189947_21225713.jpg


とはいえ、目的は生菓子ではなく焼き菓子。
ガイドブックを熟読し、絶対コレだけは買って帰らねば!
と、クーラーバックまで携えて来たのですから。。。

中岳ショコラ
a0189947_13503992.jpg

(お店のHPより拝借)

一見すると、カップ入りのチョコレートケーキのようですが、
これがびっくり!
レンジでチンすると、底に隠れているお餅がトロリと溶けて
チョコレートと混ざり合い、とってもおいしいお菓子に大変身!
もちろん、そのままでもおいしいそうです。 

お土産にバラで4個ずつ、4箱お願いしましたが、嫌な顔ひとつせず、
きれいに包んでいただきました。
次回のお土産も、これに決定! です。


菓心なかむら
阿蘇市黒川1490-2  
0967-34-0321
営業時間 9:00~19:00(日曜は~17:00)
定休日 正月元日のみ
[PR]
# by cobalt2629 | 2011-09-10 21:32 | *201109熊本(阿蘇)

夏の終わりの避暑 ②

阿蘇神社から内牧温泉にあるケーキ屋さんに行く途中、
なんとも素敵なお店を発見!始めは通り過ぎたのですが
お目当てのケーキ屋さんでは、イートインができないことが発覚し
あらためてUターン

 阿蘇五山 梅くら

敷地には季節の花々がたくさん咲いています。
店内からも阿蘇の盆地が見えるので、ロケーション抜群です。
a0189947_2117295.jpg


メニューは1,800円~ありますが、なぜかアナゴのメニューが多い??
山でアナゴ?不思議な感じがぬぐえませんが、、、

はし置きがかわいい一輪挿しになってて、しかも敷地に自生している花が添えてあります。
a0189947_21172024.jpg


多分、ピーナツ豆腐かと思われます、味的に・・・
結構甘い。というか、かなり甘い トゥルンとした食感で、おいしくいただきました。

a0189947_21175098.jpg


コーンとアスパラの茶碗蒸し
季節のとうもろこしとアスパラの、シャクッとした歯ざわりが
茶碗蒸しのとろとろ感と相まって、おいしかったです。
普通、和風な具材が入るところですが、斬新だなぁと、、、真似してみてくれぇ母!
a0189947_2118956.jpg


茄子の田楽
「皮まで食べれますよぉ」と、おっしゃっていましたが、確かにやわらかい。
基本、ナス嫌いなのですが、大人なので食べちゃいました。
甘めのお味噌と、おナスのみずみずしさが何ともおいしかったです。
a0189947_21182814.jpg


熊本産赤牛の陶板焼き
待ってましたぁ~!
基本、肥後の赤牛は牧草地で放し飼いなのだそうです。
阿蘇山の麓の丘陵地で、きつい斜面を動いてるので、
脂身が少なく、さっぱりしたお味です。
添えられたお塩でいただくと、お肉本来の味が楽しめました053.gif
a0189947_21184866.jpg


お酒を飲まないので、おかずには、ご飯とお味噌汁が欠かせません。
当然、阿蘇で作ったお米炊いたご飯。 ふっくらしてておいしいです043.gif
お味噌汁は、熊本名物「だご汁」。普通のダゴは小麦粉でできていますが
こちらのは、白玉粉なのだそうです。 
a0189947_21191325.jpg


デザートは、クレームブリュレとコーヒーをいただきます。
こちらのお店で使っているお水は、すべて敷地から湧き出た水なのだそうです。
・・・かといって、水の味が分かるほど食通ではないのですが。。。
a0189947_2119307.jpg


お庭もそうですが、敷地内から1分間に5トンの水が湧き出るそうです。

a0189947_21195613.jpg


「自然湧水・塔の泉」と名づけられたこの湧き水の噴水?

田園風景がぴったりの落ち着いた雰囲気のお店でした。
また機会があれば遊びに来たいです。

a0189947_21202138.jpg



阿蘇五山 梅くら
熊本県阿蘇市黒川塔ノ本3-1
0967-34-1616
営業時間   昼 11:30~14:00
        夜 18:00~22:00
休館日 毎週火曜日
駐車場 20台
[PR]
# by cobalt2629 | 2011-09-09 21:20 | *201109熊本(阿蘇)