<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

oh! ランタンフェスティバルぅ!⑦ つまみ食い

ランチが遅かったので、夕食は簡単にとうことで・・・


まず、事前にリサーチしていた 「豚しょうがまん」
肉汁がじゅ~っと出ることはなく、
醤油と砂糖と生姜で炊いた豚肉が入ってます。シンプルでおいしいです。
外側も、ほんのり甘くて、もう1個食べればよかったかも。
a0189947_17251526.jpg



蘇州林 マーラカオ(栗入り蒸しぱん)
ホカホカです。結構大きかったのですが、あっというまにこの通り。
a0189947_17252973.jpg


山ぐち ハトシ
「ハトシ」とは、海老のすり身などを食パンで挟み油で揚げたものです。
卓袱料理の献立の中にあります。
全部がミンチになっているのではなく、所々、エビのプリプリ感が楽しめます。
揚げたてをいただいたので、ホントおいしかったぁ~056.gif
a0189947_17254434.jpg
a0189947_17255944.jpg



まんぷく丸でっす043.gif
新地中華街を通って、ホテルへ帰ります。は~今日もよく歩きました。
a0189947_17261147.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-23 17:21 | *201102長崎

oh! ランタンフェスティバルぅ!⑥ 湊公園

湊公園 (メイン会場)


とにかく、人、人、人。
前がまったくうかがえません。015.gif

a0189947_1657878.jpg


なぜか、クジラがいる。。。037.gif
a0189947_16572888.jpg


は、鼻の穴が・・・037.gif
a0189947_16574780.jpg


一応、龍踊りも見た。。。人の頭の上から。。。
a0189947_165824.jpg


今年の干支は、餅をついているのではなく、薬草をたたいて細かくしているらしい。
a0189947_16582291.jpg


キリンです、麒麟。
a0189947_16584376.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-22 16:54 | *201102長崎

oh! ランタンフェスティバルぅ!⑤ 唐人屋敷

ランタンフェスティバル 唐人屋敷会場

唐人屋敷」は、鎖国時代、中国からの貿易の為に長崎に来た人たちが
強制的に居住させられた地区です。
約9400坪の敷地に長屋があり、2000人もの収容能力があったといわれています。

今では大きなお祭りになりましたが、
昔は、この地区や、唐寺などの小さなコミュニティの中だけのお祭りだったのかも
しれませんね039.gif


土神堂 (長崎市指定史跡)

a0189947_15512754.jpg


土神様(どじん・どしん)
中国の民間信仰神で、土地や家を守り、豊穣の神様としても信仰されています。


唐人屋敷中通り (坂段市場)

a0189947_1632910.jpg


市場といわれますが、夜は真っ暗です。それがランタンを際立たせていいのかもしれまんが、
暗くて結構怖いです。
これも、幻想的ではありますが。。。現実、足元が見えない。。。008.gif


天后堂 (長崎市指定史跡)

a0189947_16121270.jpg


航海の神様、媽祖様をおまつりしています。
媽祖様は中国福建省で発祥した民間信仰で、超能力で海難事故を防いだそうです。

a0189947_16232474.jpg


媽祖様の隣にいます。何なんだか、神様なのか?でも、ギョロ目が気になる黒いヤツです。


観音堂 (長崎市指定史跡)

a0189947_16284488.jpg


観世音菩薩と関帝がまつられています。
関帝はそろばんの発明をしたといわれ、商売の神様としてまつられています。

a0189947_16354921.jpg


観音堂の入り口にあるアーチ型の石門は、唐人屋敷当時のものだそうです。

a0189947_16384625.jpg



福建会館 (長崎市指定有形文化財)

a0189947_16405323.jpg


明治元年に中国福建省出身者で作られた建物です。
以前は本館があったそうですが、原爆で倒壊し、現存するのは正門と天后堂だけです。
敷地内には、資料館もあります。



a0189947_1646323.jpg

[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-22 15:37 | *201102長崎

oh! ランタンフェスティバルぅ!④ 唐寺

興福寺から中島川公園へ

眼鏡橋

日本最古のアーチ型の石橋です。
川面に写った姿から「眼鏡橋」と名づけられました。

a0189947_21254660.jpg


まだまだ日が高い為に、ランタンの灯がついてるのに
全くわかりません。026.gif

a0189947_21261021.jpg


きっと、灯が点るととてもきれいなはずなんですが・・・008.gif


崇福寺

日本最古の黄檗禅宗寺院。
同じ中国系の唐寺ですが、出身地方が違うことにより、
興福寺は南京寺、そして崇福寺は福州寺と呼ばれているそうです。
中国は広いから、、、深いです。

三門
俗に竜宮門と呼ばれるそうです。中国人に指導を受けて日本人が作った門です。

a0189947_21454026.jpg



第一峰門(国宝)
九州にある国宝5つの内、ここ崇福寺に2つあります。
うち1つがこの第一峰門。
とても複雑な軒裏。必見です。
a0189947_21481329.jpg



門の扉に描かれているのが蝙蝠。

a0189947_21575483.jpg


中国で蝙蝠は、慶事・幸運のシンボルとされ尊重されています。
カステラの福砂屋も、蝙蝠の商標を使っています。


国宝・大雄宝殿(本堂)

a0189947_2148559.jpg


大雄=お釈迦様を本尊とする大雄宝殿(だいゆうほうでん)。
何高材という大金持ちの寄進により、中国で切組み唐船で運ばれ、上梁・建立された建物。
長崎市に現存する最古の建物で国宝に指定されています。

a0189947_2263614.jpg


このお寺は、龍馬伝で、龍馬と高杉晋作が会う場所として使われています。

ここでも魚板を発見!ちょっと太め037.gif
a0189947_2282742.jpg


だんだん日が落ちてくると、ちょっと「千と千尋の神隠し」みたいです。
a0189947_228462.jpg



崇福寺
長崎県長崎市鍛冶屋町7-5
095-823-2645
無休  8:00~17:00 無料駐車場あり
大人300円、中高生200円、小学生100円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-20 21:20 | *201102長崎

oh! ランタンフェスティバルぅ!③ 唐寺

龍馬通りを下りついた通りが、寺町通りです。

東明山 興福寺

a0189947_1557611.jpg


興福寺でも、ランタンを見ることができます。
まだ明るいので、ちょっとしたハリボテを見に行った感は拭えませんが・・・025.gif

a0189947_15572153.jpg


本堂(大雄宝殿) 国重要文化財
中国の職人によって、中国の材料を使ってできている、純粋な中国建築です。
両側に、大きなソテツの木が生えていて、日本のお寺とはちょっと違う趣があります。

a0189947_15573949.jpg


鐘鼓楼  長崎県有形文化財
2階建てになっていて、上階には鐘ではなく、太鼓が吊られています。

a0189947_1558131.jpg


魚板 
庫裡(居住スペース)の入り口に下がっている魚板。
お寺の人たちに食事の時間を告げるものです。
お腹の部分を叩いて知らせるので、けっこうヘコンでいます008.gif

a0189947_15593574.jpg


三江会所門 県有形文化財

門の下に「豚よけ」という、高い中国式の敷居があります。
豚よけって・・・どうなんだろう。面白い。。。

a0189947_16194381.jpg


敷地内には、船の到着を知らせる旗が、今日も風をうけてはためいています・

a0189947_16195968.jpg


東明山 興福寺
〒850-0872 長崎県長崎市寺町4番32号
Tel: 095-822-1076 Fax: 095-827-2726
拝観料 大人 300円 中・高生 200円 小学生 100円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-20 15:40 | *201102長崎

oh! ランタンフェスティバルぅ!② 龍馬通り

長崎といえば、つい最近まで放送していた NHK大河ドラマ 龍馬伝

長崎という土地柄、きっても切れないのが坂008.gif
なので、龍馬ゆかりの場所へ行こうと思ったら、まず坂の上までは
タクシーで行き、そこから坂を下っていくことをお勧めします。

まずは、長崎港を一望できる風頭山ある風頭公園
a0189947_1422115.jpg


公園の展望台からは、龍馬像が長崎港を眺めています。

a0189947_14224459.jpg


大河ドラマが終わっても、観光客が絶えることがないようで、
この日も、平日にも関わらず、老若男女。たくさんの人がいました。

風頭公園は、桜の名所でもあるよで、見事な桜並木あります。
春にも来たいです。


a0189947_1432350.jpg
a0189947_14322386.jpg


坂を下る途中、亀山社中跡へ続く道には看板がたくさんあります。
最近の物から、古い物まで、、、
坂本龍馬人気は、今も昔も変わらず地元の人たちに支えられています。


a0189947_14374439.jpg


坂の途中にある若宮稲荷神社には、風頭公園にある龍馬像の原像があります。
比較的小さな神社ですが、ここにもたくさんの人が参拝していました。



亀山社中跡(亀山社中記念館)
言わずと知れた、日本で最初にできた商社です。
以前は、個人の持ち物で内部の公開が制限されていたのを、
平成21年8月から、長崎市が整備・公開しています。

a0189947_1570100.jpg



内部は、意外とこじんまりしています。
昔の有名人や著名人の住まいや、生家にいろいろと行きましたが、
なぜかどこも小さな家が多いです。
日本家屋のいいところでもあり、ちょいと寂しいとこでもあります。

a0189947_15213971.jpg


展示品がいくつかありますが、一番面白かったのは、
なりきり龍馬さん。。。高知弁でいろいろお話してくれます。

亀山社中記念館
〒 850−0802 長崎市伊良林2丁目7番24号 
電話 095−823−3400
開館時間 午前9時~午後5時 休館日/なし
入館料 一般 個人/300円 団体/240円
高校生 個人/200円 団体/160円
小・中学生 個人/150円 団体/120円



龍馬のブーツ像

a0189947_15293850.jpg


履くでしょう、履いちゃうでしょう017.gif
靴が大きすぎて、みなさん靴のままブーツを履いてます。
眺めも最高ですよぉ~
[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-19 15:15 | *201102長崎

oh! ランタンフェスティバルぅ!①

長崎ランタンフェスティバル

寒い季節は温泉へ~と思うんですが、今年は縁あって長崎へ。
旧正月のこの時期、長崎在住の華僑の人たちが春節を祝う行事として始まったのが
長崎ランタンフェスティバルです。

a0189947_13375643.jpg
 

長崎駅は、九州最西端の駅です。
線路の先がない光景は、ちょっと不思議な感じがします。


ランタンは暗くなってからでないと、楽しめないのでとりあえず腹ごしらえ。

とにかくお腹が空いていたので、駅ビルのレストラン街へ。
皿うどん!皿うどん!

a0189947_13431660.jpg


長崎駅アミュプラザ5F 皇上皇

ちゃんぽんより、皿うどんが好きです。
野菜がシャキシャキしていて、パリッパリの細めんも歯茎にささるくらい細い(笑)

長崎の皿うどんは、甘め。ソースもしくは、お酢をかけて食します。
私の場合は、途中まで何もかけずに食べて、その後ソースをかけて食べます。
1度に2度ウマいです。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-19 13:28 | *201102長崎

辛子めんたい風味 めんべい

山口油屋福太郎  辛子めんたい風味 めんべい


弟土産、第二弾
我が家の福岡土産は、必ずこれ!
といってもいいくらい、常に誰かが買って来る「めんべい」

表示には、イカ・タコ・明太子 と書いていますが、確かにいろんなものが
プレスされてできているお煎餅です。

ぴりっと辛味があって、海の香りがふんわりします。
ついつい手が伸びて、我が家にある間は、必ず3時のおやつ用に
会社に持って行っちゃいます。

a0189947_2147452.jpg



株式会社山口油屋福太郎
辛子めんたい風味 めんべい
[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-17 21:50 | いただき物

フレーズ・フロマージュ

赤い風船 フレーズ・フロマージュ


先日、弟家族が 3月12日に全線開業する 九州新幹線の試乗会に
行った際に買ってきたお土産

a0189947_21202557.jpg


赤い風船のチーズケーキ。
今回は、博多あまおうを使った、いちごチーズケーキです。
少し凍った状態で食べても、アイスクリームのような食感おいしいです。

a0189947_2121650.jpg



株式会社九十九島グループ
赤い風船 フレーズ・フロマージュ
[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-17 21:37 | いただき物

ふんわりめんたいおかき

辛子明太子のやまや ふんわりめんたいおかき


福岡へ遊びにいってた友人からいただきました。

a0189947_21341913.jpg



やわらか系のふんわりおかき。。。
口の中に入れると、ふわっと溶ける感じのおかきです。
辛し明太子のピリっとした味が、後をひきます。

おやつにも、ビールのつまみにも合うと思います。


辛子明太子のやまや
ふんわりめんたいおかき

[PR]
by cobalt2629 | 2011-02-16 21:42 | いただき物