カテゴリ:*中津市( 5 )

The お盆Ⅱ ☆優雅にランチ

母と2人なので、ちょっと贅沢ランチ

◆ ふたり静か

中津市の隣、福岡県築上郡上毛町の丘陵地帯に 「森の風」という
ブライダル関連の施設(?)があります。

当然、毎日結婚式がある訳もなく、ふつうに食事が楽しめます。

森のレストラン 「kanakana」 と 和風レストラン 「ふたり静か」があり
今回は和食ってことになり・・・

a0189947_2361754.jpg


一見すると普通の平屋建ての民家です。
おもてに看板もなんにもなく、営業してる気配がありません 008.gif

恐る恐るドアをあけるとちゃんと出迎えていただけました、ホっ。

a0189947_2363989.jpg

・・・誰もいない・・・お昼時なのに・・・
遠慮なく、写真を撮らせていただきました。

本来、小規模の結婚式や、顔合わせなどに利用されることが多いようで
お昼のメニューも ランチ のみです。


まず出てきたのがこのカゴ。
ランチってこれで終わりじゃないかと思うほど・・・

お料理の説明とかないので何となく食べちゃいましたが・・・
真ん中のお豆腐はゆず胡椒がのってて、しかも温かい。
手前もお豆腐ですが、、、何だかよくわからない、、、蕎麦のような、、、

イチジクはピーナツクリームのようなものが添えてあり、
その上は、白身のお刺身をもろみ味噌で和えてます。

右側は“ツルムラサキ”という植物の酢の物
その上は、トウガンで、ガラスの器は、きゅうりをごま油と黒胡椒で和えてます。

懲り過ぎてて、ちょっとびっくりしました。
a0189947_237573.jpg


「お肉料理です」 とやってきたのがこちら。
さすがに牛ではありませんが、こちらの豚ちゃんもやわらかくて
おいしかったです。
上に、ユカリご飯の ゆかりと岩塩がのってます。
お肉の甘みも感じられて、家でも真似していただきたい・・・母。 
a0189947_2373468.jpg


夏野菜の味噌グラタン
夏野菜だけに、ナスがごろごろ入ってます・・・ナス苦手なんです・・・
あと、ブロッコリーやお豆腐などなど、甘いお味噌仕立てで、
ハフハフしながら完食いたしました。
a0189947_2374946.jpg


豆腐の梅酢漬け
これ、激ウマです 010.gif 何もつけずにいただきます。
梅酢の味がしっかりしみ込んでいて、これまた手の込んだ一品です。
a0189947_238366.jpg


冷汁と香の物
もう食べれないぞぉ~と思ってましたが、出てきたのがご飯粒ではなく
この冷汁! ニクイねぇ~! 食べれちゃうじゃないか!
きゅうり、ミョウガなどお口もさっぱり、おつゆも全部いただきました。
a0189947_2382492.jpg


冷たいおしるこ と 焦がし梅茶
デザートはおしるこです。しかも、白玉ではなく モモ!
最後まで、季節が感じられるお料理をちょうだい致しました。
a0189947_11284982.jpg


次回、祖母の法事に使おうかと相談してましたが、
それまで営業していて欲しいと思うほど、終始二人きりの食事でした。。。

こんなに手が込んでておいしいのに・・・いろんな人に宣伝しなくちゃっ!
a0189947_23855100.jpg



森の風 ふたり静か
福岡県築上郡上毛町大字東上3026-1
0979-72-1535
営業時間    10:00~18:00
定休日      火曜日
※貸切等あるので、事前に電話をした方が良いようです
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-16 23:05 | *中津市

The お盆Ⅱ ☆せんせー!

勤務先のお盆休みは5日。
昨年は、母方の祖母の初盆があり、伯父の住む奈良へ行きましたが、
今年は父方 母方、平等に墓参りができます。

というわけで、盆の送りは母方の里、中津市へ。


 福澤諭吉旧居

中津市は、壱万円札の里 というお菓子があるくらい有名な
福澤諭吉先生のふるさとです。
ふるさとと言っても、生まれは大阪で、父親が亡くなったあとに
中津に移り住んだそうです。

a0189947_22543679.jpg


子供の頃からアイデアマンだったようで
↓の天井から吊り下がっているものは棚らしく、ねずみの害にあわぬようと
  取り付けたものだそうです。

a0189947_22551071.jpg


中津藩は、とても封建的だった為、身分格差がきびしく
先生はそのことをあまり良く思っていなかったようです。

a0189947_23424982.jpg


いまでこそ、自然を守る活動は世界規模ですすんでいますが、
明治時代、中津市耶馬渓町の青の洞門が通っている「競秀峰」一帯が
売りに出されたとき、その土地を少しずつ購入し、今の景観を残す活動を
したのも福澤先生だといわれています。

a0189947_2314022.jpg


隣接する「福澤記念館」は、今年の4月にリニューアルオープンし
先生ゆかりの品など展示されています。
広くはありませんが、最近のTVドラマ “仁” で活躍する「緒方洪庵」なんて名前もあり
見ごたえ十分です。


◆ 福澤諭吉旧居 ・ 福澤記念館
大分県中津市留守居町586
0979-25-0063
開館時間   8:30~17:00 (入館受付16:30まで)
入館料金   高校生以上  400円
         中学生以下  200円
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-15 22:53 | *中津市

夏蕎麦うましっ!

耶馬溪と聞くと、紅葉 しか思い浮かばない・・・
確かに、秋は観光客でごった返し、歩道から人があふれだし
多大な交通渋滞を招く地域ですが・・・

夏はといえば、玖珠や日田から中津方面に抜けるのが
目的だと言わんばかりの交通量です。

で、そのシーズンオフの耶馬渓に何をしに来たかというと・・・

a0189947_1361785.jpg


お蕎麦を食べに!
考えてみれば、お蕎麦もシーズンは秋なのに・・・

 元祖 深瀬屋

深耶馬溪地区では、ワタクシ的には1番好きなお蕎麦やさんです。
夏は 「ざる蕎麦」 と思いきや、胃腸が気になり 「月見蕎麦」
柿の器に入ってる柚子胡椒を入れていただきます。

いつ食べても、しっかり歯ごたえありのおいしいお蕎麦です。

a0189947_23341635.jpg

自然薯が得意な方は、ぜひ 「山かけ蕎麦」をおすすめします。
左に写っている黒いものは、自家製の「椎茸の辛子漬け」
かなり辛いですが、お酒のつまみにも合うらしく、ファン多しです。

a0189947_2332189.jpg

店内は、田舎の食堂って感じで、なんだか懐かしい匂いがします。


元祖 深瀬屋
中津市耶馬溪町大字深耶馬溪3153-1
0979-55-2055
AM9:00~PM7:00
不定休
公共駐車場あり


お蕎麦を堪能して外へ出ると、秋とはまた違う 一目八景。
a0189947_23253277.jpg
a0189947_23255329.jpg

はぁ~ 夏真っ盛りって感じです。 暑い!

秋には、一面真っ赤になりますよぉ~。


a0189947_23314699.jpg

こんな感じです。 きれいでしょう?
[PR]
by cobalt2629 | 2011-08-06 12:53 | *中津市

ふるさとにて ②

お昼ごはんは、県北唯一のショッピングモールでいただきます。

ちー坊のタンタン麺
もともとは、福岡に本店があるそうで、佐賀県や関西にも支店があるそうです。
あと、タンタン麺には珍しく、替え玉もあるんです!
a0189947_22305369.jpg


◎ちー坊のタンタン麺  680円
 実は、辛さが選べるらしいのですが、知らなかったので普通の辛さなのかな?
 タンタン麺なのに、モヤシ?おいしいから歓迎します。鶏のダシもおいしい。
 若干、ひき肉足りないなぁと思いますが、スープも全部飲み干しちゃいました。
 おいしかったです038.gif
a0189947_22314898.jpg


◎ちー坊の黒ゴマタンタン麺 680円
 多分、ゴマの違いだけかと・・・ すみません、次回食べてみます。
 そういえば、チーズをのせたタンタン麺もあるそうで、そちらも是非
 食べてみたいと思います。
a0189947_2232239.jpg
 

◎杏仁豆腐  250円
 もっちりしてて、甘さもしつこくなく、私としては理想的な杏仁豆腐です001.gif

ちー坊のタンタン麺
営業時間  11:00~22:00
大分県中津市三光佐知1032 (イオンモール三光内)
Tel: 0979-26-8450


お昼ごはんの後は、中津名物を買いに行きます!


外園唐揚精肉店

a0189947_2233376.jpg

大分の県北には、からあげの専門店がたくさんあります。
特に、中津市はからあげの“聖地”なんだそうです。
中津の人は、何がしか行事があると必ずからあげを“買い”ます。
自宅で作ることはあまりないそうです。
a0189947_22333932.jpg


骨なしからあげ  100g 170円 (安いです!)

にんにく醤油ベースのからあげです。
あまりしつこくなく、さっぱりした味です。
いろんな部位が入ってたので、食感も楽しめました。

中津からあげ
外園唐揚精肉店
中津市字小祝寺山653-2
Tel : 0979-23-3029
Fax : 0979-32-7713
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎週火曜日、1月1日~2日

 
ちなみに 地元出版社より
a0189947_22351981.jpg

こんな本が出ています。。。。。からあげ天国です。大分県。。。。。。



中津で有名な人物といえば、福沢諭吉先生ですが・・・
a0189947_22354455.jpg

まさか先生もこんな姿になろうとは、思ってもみなかったと思いますが。。。

せんべいの間にクリームがサンドされています。おみやげにぴったりです。
会社のお土産に、1枚ずつ渡すのも面白いです003.gif

壱万円の里
福沢本舗(有)
大分県中津市八幡町商店街
Tel : 0979-32-3056
中津駅やイオンモール三光でも販売しています。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-04-08 23:22 | *中津市

ふるさとにて ①

ワタクシ事ですが、生まれは 大分県中津市です。

お彼岸は随分過ぎたのですが、お墓参りに行ったので少し中津をご紹介。

まず、中津のシンボルはこちら 中津城

a0189947_22383484.jpg

中津城は、1587年 黒田孝高(如水)が、豊臣秀吉より16万石を与えられ
築城を始めます。
1600年黒田家は関ヶ原の戦いの戦功により、名島城に転封となり
築城が中断され、 同年 細川忠興を経て、1602年、細川興秋が完成させます。
その後、小笠原氏 奥平氏の居城となり、明治を向かえ、
西南戦争で焼失してしまいました。057.gif

現在の城は、昭和39年(1964年) 旧藩主奥平家が
中心となり、市民らの寄付によって建造されたものです。 066.gif

日本三大水城としても有名です。

子供の頃、近くの市民プールによく来ていました。
父の足をつかみ、バタ足の練習をしていて、ふと水から顔を上げると
知らない人の足だった008.gif、という苦い思い出もあります。

a0189947_22391728.jpg



中津城
開館時間   9:00~15:00
休館日    無休
入館料     大人  400円  中学生以下  150円

大分県中津市(二ノ丁本丸)
Tel: 0979-22-3651


蓬莱園

実は、こんな場所がお城のすぐ近くにあったことを全く知りませんでした。

a0189947_22395268.jpg

明治15年(1882年)に建築された劇場で、歌舞伎役者や有名な役者たちが
続々興行を行っていましたが、戦時中の強制疎開により建物の取り壊しに合い、
その華麗な歴史に幕を閉じました。

戦後になって蓬莱園として庭園になっています。
建物は喫茶店になっていて、お抹茶がいただけます。
今は桜が見ごろですが、夏は菖蒲、秋は紅葉といつ行っても楽しめると思います。

a0189947_22402449.jpg


蓬莱園
開園時間  10:00~18:00
休園日    火曜・水曜 (年末・年始)
入場料    無料 

大分県中津市三ノ丁1280 
Tel: 0979(22)0538


丸善かまぼこ店

a0189947_22404927.jpg

子供の頃、祖父が営んでいた商店で仕入れていたのが、てんぷらという名の
かまぼこ037.gif。。。いわゆる、丸天とか角天とかの仲間です。

店内には、いろんなてんぷらが・・・おいしそうですぅ060.gif

a0189947_22412120.jpg

↑の、“手打ち天” 。子供の頃、熱々を盗み食いしていました。 う~おいしかったなぁ~058.gif

a0189947_22415266.jpg

↑上段、真ん中のピンクのてんぷら。明太子入りです。
プチプチした食感が残っていて、ピリッと辛い。こちらもおいしかったですぅ~

丸善かまぼこ店
大分県中津市殿町3-1398-4
Tel: 0979-22-0286
[PR]
by cobalt2629 | 2011-04-07 21:17 | *中津市