カテゴリ:*201103福岡(博多)( 2 )

祝☆九州新幹線全線開通 ②

翌日は、朝から買い物三昧

JR博多駅の駅ビル
開店が10時なので、駅ナカの マイング博多でお土産を少し。
博多ですので、当然 「明太子」。
あとは、以前会社の先輩からいただいた「めんたいおかき

それら荷物をコインロッカーへ預けてから、いざ

◆東急ハンズ 博多店
a0189947_173616100.jpg


とりあえず、ハンズの前で開店を待っていたのでここからスタート。

新宿や渋谷のハンズに行っても、急を要する買い物がないので、
ついつい見学のみで終わっていましたが、、、

せっかく来たのだからと、貧乏症がムクムク012.gif


☆HI MOJIMOJI
動物型のメモ、なかなかの優れものです。
ちょっとしたメモ紙も、見てもらわなければ意味がないですが、
このメモ。メッセージを書いて、下の部分を折り曲げて、PCのキーボードに
差し込むことができるのです。

a0189947_17364256.jpg


☆design MEMO
これも動物型メモ。
何となくかわいいものを選びがちです。
が、使用後ゴミ箱に捨てられていると、ちょっとさみしいです007.gif

a0189947_17365646.jpg



レストランゾーンが11時開店なので、少し早めに9Fへ
◆シティダイニング くうてん

005.gif 開店前にも関わらず、既に1時間待ちのお店も。
恐るべし博多っこパワー。。。
事前にいろいろリサーチしてましたが、どこにどんなお店があるのかさえ
サッパリわかりません。

☆磯らぎ
a0189947_17372694.jpg


待つこと20分。待ってる間も、どんどん人が増えてって・・・
でも、カウンター席でしたが座れました。。。よかったぁ~


磯らぎ海鮮丼
a0189947_17374339.jpg

(あまりの空腹で写真を撮り忘れました。お店のHPより拝借しました)
お魚も新鮮で、歯ごたえがあります。小鉢もしじみ汁もおいしく頂きました。
丼ものなので、お客の回転も早い早い(笑)
ワタシ達も、〆のお茶を頂いて、早々に次の目的地へ・・・


◆JR博多シティ アミュプラザ博多
a0189947_17375711.jpg


いろんなテナントが入っていてまわりきれません008.gif

☆Ane Mone

ヘアゴム&カチューシャ
自髪がロングなので、何かと役立つヘアゴム。
いつもは普通の黒いゴムを使ってますが、たまにはかわいいものを使いたい
と思い購入してみました。
a0189947_17382235.jpg

後になって考えたら、違う色の物を買えばよかったと思いましたが。。。
かわいいからいいやっ。

春な感じのカチューシャ。
ホントはもっとシャイニーなのですが・・・
a0189947_17383550.jpg



◆博多阪急

靴、くつ、クツ!
とにかく、靴を買いに来たといっても言い過ぎではありません。
博多阪急限定 ヴィバ アンジェリーナ の春色ヒール。
4Fの靴売り場は、妙に人多し(汗) 店員さんさえつかまえられず大変です。
しかも、サイズなし 057.gif

一応お取り寄せをお願いしましたが、
とても売れているらしく、しかも海外で生産しているので時間がかかるかも。
まぁ、春が終わる前までに届けばよいのですが・・・
[PR]
by cobalt2629 | 2011-03-10 17:35 | *201103福岡(博多)

祝☆九州新幹線全線開通 ①

2011年3月12日  九州新幹線全線開通

ワタシが住んでいる大分県には新幹線はカスりもしません、、、
が、やっぱテンションあがります↑↑058.gif

新幹線開通に伴い、博多駅が新しくなったことは周知の事実。
ちょっと前からテレビや地方紙で、いろいろやってましたし・・・


ってな訳で、開通前に「JR博多シティ探訪!」

の前に、実はホントのメインはこちら

九州新幹線全線開業記念「桜壽博多座大歌舞伎」

母親共々歌舞伎好きです。
今回も、久々 中村勘三郎さん 期待していたのですが
残念ながら、病気療養の為、息子の勘太郎さんの代役ということで仕方がないなぁと
思いつつ、いざ博多座へ003.gif

a0189947_23551952.jpg


毎度思うのは、、、年齢層高し、、、
伝統芸能ってのは、歌舞伎にしても、お能にしても、狂言にしても
ちょっと勉強すると、かなりおもしろいのですが・・・
敬遠されるんですねぇ~015.gif

事前に席が前から3列目で平場席というのはわかってたのですが、
ホントに平場043.gif  靴を脱いで、座敷の上に設置された
座椅子と座布団に座って観劇。

a0189947_14121930.jpg

(博多座HPよりお借りしました)

九州には、熊本の八千代座や福岡の嘉穂劇場など、現在でも昔ながらの劇場が
ありますが、実際観劇するのは初めてです。


夜の部
◆棒しばり・・・ 無類の酒好きの次郎冠者と太郎冠者は主人が外出で留守をする度に
           酒蔵で酒を飲んでいた。
           ある時、思案した主人は、次郎冠者の両手を棒にくくり付け、
           太郎冠者を後ろ手に縛って外出する。
           しかし、2人は縛られたまま酒蔵に入り、互いに助け合いながら
           互いに助け合いながら見事に酒を酌み交わし始める。
        


  元々は、狂言の演目です。 七之助さんの太郎冠者も良かったのですが、
  市川猿弥さんの次郎冠者がホントに見事。
  不自由な手で酒を酌み交わしたり、扇子をとりあったり。
  酔いが回ってきての足さばきも、とても面白かったです。


◆夏祭浪花鑑・・・堺の魚売りで侠客の団七九郎兵衛は、大恩ある玉島兵太夫の息子
           磯之丞を琴浦と添わせるべく、一寸徳兵衛や団七女房お梶、
           老侠客の 釣船の三婦、徳兵衛女房お辰らと奔走する。
           しかし、団七の舅の三河屋義平次に琴浦を連れ去られ、追って行った
           団七は義平次と揉みあううちに心ならずも義平次を殺めてしまう。


  
  ニューヨーク・ベルリンなどの海外公演で絶賛された、誰にでも歌舞伎の楽しさを
  満喫できる演目です。
  本物の泥やロウソクを使う斬新さもまた魅力。 (前の席にはビニールシートが配布されました)    
  当然、主役の団七を勘三郎さんがやる予定でしたが、今回は息子の勘太郎さん。
  これが、絶対あたり!飛んだり跳ねたり、若々しくてパワーが伝わってきます。
  そして、徳兵衛の女房のお辰を演じる七之助さんが、これまたホントにきれい。
  焼きゴテを顔にあてるところでは、鬼気迫る演技で、素晴らしかったです。
  父親がこんな時こそ、息子2人が頑張ってる姿が、とても感動的でした。
[PR]
by cobalt2629 | 2011-03-09 20:38 | *201103福岡(博多)